「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柏レイソルの象徴となった背番号9番

2017 11/10 12:24Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

優秀な若手が育つクラブ

下部組織出身選手が多く在籍する若いチームながら、2017年のJリーグで上位争いを繰り広げていた柏レイソル。
2011年は、Jリーグ史上初めてJ1復帰初年度にして優勝という快挙を達成し、クラブワールドカップでは当時ネイマール選手が在籍したサントスとも戦った。
2017年のチームは下部組織出身者が半数を越えており、またロシアワールドカップを目指す日本代表にも、柏レイソル下部組織出身の酒井宏樹選手(現オリンピック・マルセイユ/フランス)や中村航輔選手が定着するなど、近年は優秀な選手を輩出するクラブとしても知られている。
しかし、柏レイソルのこれまでの歴史は、常に順調というわけではなかった。

柏レイソルの歴史とクラブにとって特別な背番号「9番」と共に振り返ってみよう。

注目を集めるクラブとなった柏レイソル

柏レイソルが最初に大きな注目を集めたのは、まだJリーグ加入前の1993年だった。 柏レイソルの前進は、日本サッカーリーグ時代から名門だった日立製作所サッカー部だ。しかしプロ化の波に乗り遅れ、1991年に発表されたJリーグの開幕時10クラブには参加することができなかった。
1992年、将来のJリーグ参加を目指すJリーグ準会員となり、翌年1993年には前年までナポリでプレーしていた現役ブラジル代表ストライカーのカレカを獲得した。これは、アマチュアリーグに世界的ストライカーが加入したと大きな話題になった。

1995年にJリーグに昇格してからは、攻撃的なサッカーで躍進し、1998年に日立OBである西野朗氏を監督に迎えた。さらに、ヨハン・クライフ氏率いるFCバルセロナ”ドリームチーム”の主力メンバーだったブルガリア代表のフリスト・ストイチコフ氏を獲得するなどさらに大きな注目をあつめた。
西野氏率いる柏レイソルはリーグタイトルにこそ届かなかったが、1999年にはヤマザキナビスコカップ(現ルヴァンカップ)に優勝し、柏レイソルとしての初タイトルを獲得している。
リーグ戦でも常に上位を争う強豪クラブとなっていった。
この当時、高校サッカー選手権で通産最多得点を記録し、2度の優勝経験を持つ市立船橋高校の北嶋秀朗氏がブレイクしていた。
プロ入り1~2年目はプロの壁に苦しんでいたが、3年目にブレイクを果たすこととなる。

おすすめの記事