「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

名古屋グランパスの中央でプレーする選手が付ける背番号7番

2017 10/13 10:05Aki
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋グランパスにおける特別な番号

Jリーグオリジナル10の1つである名古屋グランパス。 その長い歴史を表すかのように、このクラブには特別な意味を持つ背番号はいくつかある。

代表的なものが、ドラガン・ストイコビッチ氏がつけた10番だ。選手としてだけでなく監督としても活躍を見せ、2017年現在これまでクラブが獲得してきた主要タイトルの全てに絡んでいるストイコビッチ氏はまさにクラブのレジェンドであり、彼が背負った10番からホームスタジアムである豊田スタジアムの10番ゲートは「ピクシー・ゲート」と名付けられている。
また1999年にクラブが消滅した横浜フリューゲルスから加入し、2017年現在でもゴールマウスを守り続けている守護神、楢崎正剛選手のつける1番も特別な番号といえるだろう。

ただしその2つの背番号は「引き継がれてきた」という印象はそれほど強くない。 名古屋グランパスにおいて「引き継がれてきた」のは背番号7番だ。

Jリーグ創世記に名古屋グランパスエイトの7番をつけた米倉誠氏

Jリーグ開幕当初、名古屋グランパスエイト(当時)はあまり好成績を残す事ができず、かなり苦しいシーズンを過ごしていた。そんな中、評価が高かったのは中盤に入る米倉誠氏と浅野哲也氏の2人だった。
浅野氏はJリーグ開幕前から日本代表に選出されていたトヨタ自動車サッカー部時代からのチームを代表する選手だったが、NKK(元日本鋼管)サッカー部からトヨタ自動車サッカー部へと移籍し、Jリーグ開幕を迎えた米倉氏は最初から有名選手という事はなかった。

変動番号制だった当時、7番をつけた米倉氏は名古屋グランパスエイト(当時)でのプレーを評価され1994年には日本代表にも初招集される。スルーパスを得意としながらも、それだけでなく幅広いプレーができる米倉氏は、苦しむチームの中で評価を高めた選手の1人だった。

おすすめの記事