「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年Jリーグ、注目の優勝争いを占う

2017 4/12 11:20Aki
Jリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

大本命は浦和レッズ・鹿島アントラーズの2強

今シーズンのJリーグの中心となりそうなのが浦和レッズと鹿島アントラーズの両チーム。
。浦和レッズは昨季の最多勝ち点獲得チームで、鹿島アントラーズはチャンピオンチームであり、さらにクラブワールドカップでの健闘は記憶に新しいところです。
この2チームは昨シーズンのチャンピオンと最多勝ち点獲得チームですから当然アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)にも参加するチーム。ACLに参加するチームはいつも過密日程が問題となり、またJリーグは中国や韓国に比べ国内のリーグ戦も拮抗した戦いが繰り広げられることからどうしても難しい部分が出てくるのですが、浦和レッズは昨シーズンも決勝トーナメント1回戦で敗退はしてしまったもののACLを戦いながら年間最多勝ち点を獲得。
そしてそのメンバーに今季はさらに新潟からラファエル・シルバ選手、湘南ベルマーレから菊池大介選手、ジェフ千葉からオナイウ阿道選手を獲得し、レンタルで貸し出していた矢島慎也選手、長澤和輝選手らも復帰。これまで新加入選手は浦和レッズの特殊な戦術にフィットしない事も多く補強がなかなか選手層の厚みに繋がらなかったところもあったのですが、プレシーズンを見る限り既に順応しており、ついに2チーム分の選手層を持つ巨大なチームになりそうな雰囲気を醸し出しています。
もう1方の鹿島アントラーズは、チャンピオンシップやクラブワールドカップでの躍進にあぐらをかくこと無く昨季の勝ち点では浦和レッズを大きく下回ったことを踏まえた積極的な補強を敢行。GKのクォン・スンテ選手、Jリーグでの実績十分なレオ・シルバ選手とペドロ・ジュニオール選手が既にチームにフィットしており、さらに盤石な体勢を強固なものとしています。

川崎フロンターレ、ガンバ大阪は優勝争いまでは届かないか

昨シーズンの上位チームで残るは川崎フロンターレとガンバ大阪。
川崎フロンターレには国内屈指のタレント家長昭博選手を大宮アルディージャから、ガンバ大阪からはハードワークできる阿部浩之選手らを獲得しているものの、絶対的ストライカー大久保嘉人選手が抜けた穴はそう簡単に埋まるとは思えず、またなによりも昨シーズンまでの攻撃サッカーを作り上げた風間八宏監督が退任しています。
継続路線ということで風間監督のもとコーチを務めていた鬼木達氏を監督にしていますが、選手層がそれほど厚くないということも踏まえてACLとの両立は厳しいと思われます。
またガンバ大阪も横浜F・マリノスからファビオ、大宮アルディージャから泉澤仁、清水エスパルスから三浦弦太と非常に興味深い選手を補強していますが層の薄さは否めないところ。
期待の井手口陽介選手・百戦錬磨の遠藤保仁選手・今野泰幸選手による中盤のトライアングルはかなり魅力的な構成となっていますが、この3人の内誰か1人が欠場となった時にこのクオリティを維持できるのか。それとも戦い方を変えるのかというところがポイントになりそう。
しかしどちらにせよこの両チームは選手層も厚くはありませんので、ACLの過密日程の影響を受けてしまう可能性が高くなりそうです。

おすすめの記事