「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年Jリーグ、注目の優勝争いを占う

2017 4/12 11:20Aki
Jリーグ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2強に迫る存在はACLに参加しないチームから

浦和レッズと鹿島アントラーズの2強に迫る存在は、ACLに参加しないチームにこそチャンスがありそう。そこで注目なのがサンフレッチェ広島。近年ACLに参加しないシーズンは必ず優勝しているチームですから、2強に迫る最右翼と言っても良いかもしれません。
戦力的には長年チームを引っ張った佐藤寿人選手は退団したものの、日本代表経験もある工藤壮人選手を獲得。青山敏弘選手がシーズンを通じてコンディションを落とす事がなければ上位に食い込む可能性は十分あります。
そしてACL圏外組でもう1つ注目なのが大型補強を敢行したFC東京。大久保嘉人選手をはじめ、サガン鳥栖から林彰洋選手、名古屋グランパスから永井謙佑選手、オランダから太田宏介選手、韓国から高萩洋次郎選手、と日本代表クラスの選手を次々に獲得。高橋秀人選手や平山相太選手などチームを去ったメンバーも多いが、獲得したメンバーはそれ以上の選手がほとんど。
入れ替えが激しい分未知数な部分もありますが、一発の可能性はあるメンバーです。 そしてもう1つ、不気味な存在なのがヴィッセル神戸。話題となった元ドイツ代表ルーカス・ポドルスキ選手の獲得は流れたものの、田中順也選手、高橋秀人選手、大森晃太郎選手らの計算できる実力者を獲得。名将ネルシーニョ監督のもと何かをおこす可能性は秘めています。

大穴的存在の柏レイソル・セレッソ大阪

大穴的な存在として面白いのが柏レイソル。下部組織出身選手の割合がかなり高いチームですが、そのチームで今季は前線の3人をクリスティアーノ、ハモンロペス・ディエゴ・オリヴェイラの外国人選手3人を配置し、中盤より後ろは下部組織出身選手を中心に若手日本人選手で構成。柏レイソルの下部組織出身選手はゲームの組み立て能力に優れており、また前線の外国人選手はいずれも爆発力を持った選手ですから、それがピタッと噛み合うととんでもない力を発揮する可能性もあります。
そしてもう1つが昇格チームであるセレッソ大阪。
プレーオフでの昇格チームはJ1に1度も残留したことが無いというジンクスはありますが、このチームはこれまでとは少し異なる。現役日本代表の山口蛍選手、現役韓国代表のキム・ジンヒョン選手、元日本代表の柿谷曜一朗選手、日本代表候補の杉本健勇選手とJ1でもトップクラスの選手をもっており、さらにそこに現役日本代表のトップ下である清武弘嗣選手まで加入。清武選手はちょっとJリーグの選手の中では抜けた存在です。
となると上位争いに食い込んでくる可能性が高いとも言えますが、セレッソ大阪には不安要素ある。昨シーズン大きな戦力を持ちながらプレーオフに回ってしまった様に、昨年からの積み上げが一切無い状態であること。サガン鳥栖で実績のある尹晶煥監督を招聘したものの、今季はほぼ0からのスタートとなりますのでチームが機能するようになるまで時間がかかる可能性もあります。

おすすめの記事