「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

J1浦和・杉本健勇が横浜F・マリノスへ期限付き移籍、背番号41

2021 7/23 11:10SPAIA編集部
杉本健勇,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2017年に22ゴールの大型FW

Jリーグ浦和レッズの杉本健勇(28)が横浜F・マリノスへ期限付き移籍することが発表された。移籍期間は2021年7月23日~2022年1月31日で、背番号は41。浦和と対戦する全ての公式戦には出場できない。

杉本は身長187センチの大型FWで、セレッソ大阪時代の2011年にJリーグデビュー。2017年にはJ1得点ランキング2位の22得点をマークした。2019年に浦和に移籍し、今季は16試合出場で2得点。J1通算247試合で50得点を挙げており、日本代表としても8試合に出場している。

今年2月のキャンプ中にはコロナ渦で禁止されていたにもかかわらず、柏木陽介と外食をしたことが発覚し、厳重注意と罰金処分を受けた。柏木はその後、FC岐阜に移籍している。

杉本は「このたび、横浜F・マリノスに期限付き移籍することとなりました。2年半の期間でなかなか結果を出すことができずに本当に残念でした。この時期に移籍することについて考えましたが、自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強かったので、今回この決断をしました。マリノスが掲げる目標に少しでも貢献できるようにがんばってきます」とコメント。横浜FMは現在2位で首位・川崎フロンターレを追いかけているだけに、杉本の活躍が期待される。

【関連記事】
Jリーグ神戸・古橋亨梧がセルティック移籍へ基本合意 メディカルチェック後に正式契約へ
宮本恒靖監督解任から1カ月、ガンバ大阪・松波体制の成熟度は?
Jリーグのキャプテン一覧“リアル・キャプテン翼”は清武弘嗣と東慶悟

おすすめの記事