「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

違う視点から見てみよう!Jリーグの海外評価は?

2016 10/27 18:11
サッカーⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Evgenii Matrosov/Shutterstock.com

Jリーグについて興味がある人へ。 普段私たちは日本の立場として、Jリーグを観戦していますが、海外からのリーグの評価って気になりませんか? そこで、今回は少し視点を変えて、海外におけるJリーグの評価についてご紹介します。

よくレベルが低いって言われるけど実際どうなの?

よく日本人の間においても、定期的にJリーグのレベルについて議論されることがあります。中には、「海外のサッカーリーグに比べて、日本のレベルはかなり低い!」と発言する人も出てきています。Jリーグを心から愛している人にとっては、ショックな発言であり、「そんなことはない!」と思う一方で、実際の所世界におけるJリーグの立ち位置ってどのあたりなのかっていうのは、とても気になりますよね?海外のサッカーファンはどのような評価をしているのでしょうか?

トップレベルではないが、レベルが低いわけではない

そもそもレベルが低いというのは、比べる相手を間違っているという事も要因の一つです。世界トップレベルといわれる欧州4大リーグと比較すると、日本のJリーグは勝てるわけがありません。単に実力差があるという事ももちろんありますが、それ以上に欧州リーグはEU国籍を持っていると外国人と認識しないという事で、リーグに自国の選手が一人もいない外国人だけのチームを作ることが不可能ではありません。
それに比べて、日本のJリーグは、クラブには外国人3人、在日外国人1人、アジア人1人という外国人選手の制限があります。このような制限のない欧州リーグと、制限のあるJリーグを同じ土俵で比較してはならないという事がわかりますね。そういった意味では、Jリーグは決して低くないという評価を外国人の方たちは、評価しています。

対外試合においても悪くない成績を上げている

また、日本のJリーグのクラブチームは、外国のクラブチームとの対外試合においても比較的悪くない成績をあげています。アジアチャンピオンズリーグでは、アジア選手権からの成績を咥えても、日本の決勝ラウンドへの進出率が高く、2007年には浦和レッズが、2008年にはガンバ大阪がアジアチャンピオンズリーグを制覇しています。また、クラブワールドカップでも3位の成績を手に入れるなど、公式の国際試合においても高い成績を収めていることがわかります。

Jリーグは突出した実力差が出にくい

日本のJリーグのレベルが低いとされる理由の一つが、優勝チームがコロコロと変わるという事ではないでしょうか?欧州4大リーグの場合、ビッグクラブと呼ばれるような超有名クラブが常に上位に位置するなどのイメージがありますが、日本は結構いろいろなチームが優勝します。これは、Jリーグが非常に低レベルなのではなく、力量差がクラブ間で出来づらい環境であるという事です。ここまで紹介してきた、外国人選手の制限も影響してきて、このような状況になっています。
ただ、逆に言えばどのクラブチームでも優勝を狙うチャンスがあり、それと同時に下位リーグに脱落してしまうというリスクもあるという事です。そういった意味では、サポーター的には非常にスリリングで面白いリーグだといえるでしょう。こういった、Jリーグのような海外からも評価されており、アジア地域においてはお手本にもされているようです。

まとめ

さて、今回は海外の人たちから見た、Jリーグの魅力についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?Jリーグのレベルは決して低いものではなく、海外の人たちからは、結構高い評価を受けているようです。

おすすめの記事