「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

W杯予選最年少デビューの久保建英が次に狙う42年ぶりの記録とは?

2019 9/16 11:00田村崇仁
W杯予選最年少出場を果たした久保建英Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

風間八宏の記録を39年ぶりに更新

サッカーの日本代表MF久保建英(マジョルカ)がまた新たな歴史の一歩を刻んだ。2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選F組で日本はミャンマーを2-0で下し、7大会連続の本大会出場を目指す戦いで白星スタートを切った。

2-0の後半36分、中島翔哉(ポルト)に代わってピッチに立った久保建は1980年の風間八宏(現J1名古屋監督)の19歳67日を39年ぶりに抜き、18歳98日でW杯予選の史上最年少出場を果たした。次の照準は日本代表の史上最年少ゴールだ。

年少出場ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

最初のタッチで絶好機演出

敵地のスタジアムが異様なボルテージに包まれる中、ウオーミングアップを終えた久保建は後半残り9分で待望の瞬間が訪れても表情一つ崩さなかった。右サイドに入り、酒井宏樹(マルセイユ)との軽快なワンツーパスで最初のボールタッチからスペースを突いていきなり絶好機を演出。ゴールにこそつながらなかったが、左足のヒールキックで見せたリターンの非凡なパスセンスで存在感を十分にアピールした。

スペインの名門バルセロナの下部組織で育ち、J1のFC東京からレアル・マドリード(スペイン)に移籍するなど世界的に注目されてきた逸材。激しい降雨と凸凹のピッチでボールコントロールに悪戦苦闘する選手が多い中でも、繊細で高度な技術は乱れない。短いプレー時間でシュートはなかったが、CKのキッカーも任され、最年少出場とは思えない堂々としたプレーでチームの逃げ切り勝利に貢献した。

次戦でゴールなら金田喜稔の記録更新

期待される最年少ゴールは次戦となる10月10日のホーム、モンゴル戦以降にお預けとなったが、それも時間の問題だろう。得点すれば、金田喜稔(当時中大)が1977年に19歳119日でマークした代表最年少ゴール記録を42年ぶりに1歳以上更新する。

年少ゴールⒸSPAIA

ⒸSPAIA

6月の国際親善試合、エルサルバドル戦で史上2番目の若さとなる18歳5日での代表デビューを果たして以来、森保ジャパンで着実にステップアップしている。

9月5日のパラグアイ戦では後半から出場し、チーム最多の5本のシュート。自ら得た直接FKでは迷わず狙った。右サイドから切れ込み、角度のない位置から鋭く放ったシュートがクロスバーをたたいた場面もあった。守備面で課題も指摘されるが、独特のリズムで攻撃を活性化させる才能はやはり天性のものがある。

最年長ゴールはラモス瑠偉

最年長ゴール記録を見ると、J2横浜FCのFW三浦知良は50歳14日でのゴールが「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」としてギネス世界記録に認定されている。2019年2月には、ドイツ1部リーグで大迫勇也が所属するブレーメンのベテランFWクラウディオ・ピサロ(ペルー)が40歳136日で同リーグの最年長得点記録を更新。

W杯予選の最年長ゴールはラモス瑠偉(当時V川崎)の36歳85日で、93年米国大会アジア予選のスリランカ戦でヘディングシュートを決めた。

年長ゴールⒸSPAIA

ⒸSPAIA

J3では15歳で最年少ゴール

今季の久保建はマジョルカでデビューし、スペイン、イングランド、イタリア、ドイツの欧州4大リーグの日本人最年少出場記録も打ち立てた。2017年、J1FC東京のユースに所属した当時は15歳10カ月11日でJ3最年少得点記録を樹立。2018年にはYBCルヴァン・カップの新潟戦でゴールを決め、リーグカップ戦での最年少得点記録を16歳9カ月10日に更新している。当の本人は記録などどこ吹く風だが、今後もさまざまな「最年少伝説」を残していきそうだ。

《関連記事》
サッカー日本代表、後半ペースダウンも快勝 終盤には大迫、鈴木の初2トップも
久保建英と安部裕葵のスペイン移籍は必然か偶然か?
久保建英、オナナ、イ・スンウ…バルサを去った至宝たちは今

おすすめの記事