「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国高等学校サッカー選手権大会2017優勝校を予想

2017 10/13 10:05hiiragi
サッカー 優勝
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターハイ優勝校流通経済大学付属柏高校

2017年インターハイは、千葉県の流通経済大学付属柏高等学校が神奈川県の日本大学藤沢高等学校を1対0で破り優勝した。

準々決勝では長崎総合科学大学附属高等学校に2対1で勝ち、準決勝では群馬県の前橋育英高等学校を1対0と、高円宮杯U-18プリンスリーグの強豪を撃破して決勝まで勝ち上がった。

今年のチームはもともと期待が大きかった。それは、主力を占める3年生が2年前のルーキーリーグを無敗で優勝した経歴があるからだ。2年生には、U-17代表選手の経験を持つ関川郁万選手が最終ラインを固めている。それらが本田裕一郎監督の想いに火をつけ、「勝負は勝たなければいけない」と勝負にこだわる姿勢となり、「あと一歩で勝てたのに」というような負けがなくなったのだ。

インターハイ準優勝日本大学藤沢高校

インターハイで準優勝の日本大学藤沢高校は、神奈川県2位で出場した。準々決勝で北海道2位の旭川実業高等学校を2対1で破り、準決勝で船橋市立船橋高校と1対1で決着がつかず、PK戦で決勝まで勝ち上がった。

神奈川県2位ながら決勝まで進出した理由の一つに、ベンチ入りメンバーの選び方があったようだ。限られたメンバーで炎天下の連戦を戦うためには、ベンチメンバーが重要になり、個人技よりもチームのバランスを優先したベンチメンバーの選び方が好結果につながったのだ。

暑さとの戦いはない選手権だが、連戦は避けられない。どんな戦い方を見せてくれるのか注目したい。

おすすめの記事