「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国の高校生に贈る全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌

2017 10/13 10:05hiiragi
サッカー 応援
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年95回家入レオ「それぞれの明日へ」

2017年1月9日第95回全国高校サッカー選手権決勝大会では、青森山田高等学校対前橋育英高等学校の決勝戦に先駆けて、応援歌「それぞれの明日へ」がシンガーソングライター家入レオさんによって披露された。

「それぞれの明日へ」は本大会のために作られた新曲で、作詞を家入レオさん、作曲を多保孝一さん、編曲を本間昭光さんが担当して作られた。オファーをもらってうれしかったと言う家入レオさんは試合に出る部員、ベンチ入りできない部員の、れぞれの立場で仲間へ向けたメッセージを歌詞に込めたそうだ。

「それぞれの自分に向き合って、それぞれの明日へ進んでほしい」そんなメッセージが込められている。 決勝戦は青森山田高が5対0で勝利、初優勝に輝いた。

2014年93回大会応援歌大原櫻子「瞳」

93回大会応援歌は、歌手で女優の大原櫻子さんの「瞳」だった。

「瞳」は亀田誠治さんが作曲、作詞を大原櫻子さんと亀田誠治さんが担当した。作詞は今回が初めてという大原櫻子さんは、実際の予選を試合会場まで出向き観戦して、自分が感じた思いをそのまま綴った。

決勝戦当日歌い始めは少しざわついていた観客も、一緒にリズムを取り歌い始めた。会場に溶け込んで全てをかけて歌い切ったという大原櫻子さんの瞳には、歌唱中に涙があふれていた。
決勝戦は延長の末星稜高が4対2で初優勝を飾った。

おすすめの記事