「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

全国高等学校サッカー選手権大会の歴史

2017 10/13 10:05hiiragi
サッカー 日本 高校
このエントリーをはてなブックマークに追加

関西で始まった大会から全国規模に発展

全国高等学校サッカー選手権大会の第1回大会は1917年に行われた。この頃の大会は全国大会ではなく、関西のみの参加だったようで、優勝は第1回から7回までを兵庫県の 御影師範学校が独占している。

第9回大会からは全国で地区予選が開催されるようになり、関西以外からの参加が始まって全国大会の体裁を整えた。この年も優勝は御影師範だったが準優勝校に広島一中の名前が登場する。

全国大会になり規模も大きくなると他の大会は徐々になくなり、大会の1本化が図られたが戦争による中止を余儀なくされる。再開は1947年第26回大会だった。

1950年、60年代には浦和市が高校サッカー界を席巻

戦後1回目の大会には全国から16チームが集まり優勝は広島高等師範附属中学校だった。

この頃から関東勢が実力を発揮し始める。特に埼玉県の浦和市の台頭が凄まじく、

・1951年に浦和高等学校が初優勝を果たすと1954年、55年と2連勝を達成
・1956年には浦和西高等学校が初優勝を飾る
・1959年60年には浦和市立高校が初優勝から2連勝を達成
・1969年浦和南高等学校が初優勝

このように浦和市のチームが高校サッカー界を席巻した。
そんな中1966年にはインターハイにサッカーが加えられ、高校サッカーの全国大会は国民体育大会の高校の部と合わせて3大会となった。

おすすめの記事