「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【高校バスケ・ウインターカップ2017大胆予想】広島・県立広島皆実

2017 10/13 10:05hiiragi
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターハイでは第4ピリオド無念の逆転負け

広島県代表広島県立広島皆実高等学校は、2017年インターハイの1回戦で群馬県代表前橋育英高等学校に77対60、2回戦で長野県代表東海大学付属諏訪高等学校に87対66、3回戦で高知県代表高知中央高等学校に73対64と勝ち進んだものの、準々決勝で福岡県代表福岡第一高等学校と対戦し、65対78で敗れた。

この試合の打1ピリオドでつけられた8点差を第2ピリオドで逆転し、逆に6点差をつけて前半を終了した。後半は拮抗した展開が続き、第3ピリオドを54対54の同点で終え、第4ピリオドへ突入する。
流れをつかみたい最終ピリオドだったが、逆に流れは福岡第一へと傾き、11対24と差をつけられ、準決勝進出は叶わなかった。

インターハイは4年連続、ウインターカップは3年連続出場継続中

広島県立広島皆実高等学校は、1901年(明治34年)創立の広島市にある県立高校だ。

バスケットボール部は男女ともインターハイの常連校で、過去5年間を見てみても、男子はインターハイ、ウインターカップ共2014年~16年まで3年連続出場している。女子は2013年と2016年に両大会とも出場を決めている。

2017年にも男女ともインターハイ出場を決めており「2年連続2大会への男女同時出場となるか」と期待もかかる。
特に男子は、2017年インターハイでベスト8に進出しており、ウインターカップでも2007年と2016年のベスト16を更新したいところだ。

おすすめの記事