「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【たのんまっせ】滋賀県のサッカー強豪校5選

2016 8/20 14:15
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

全国の高校サッカーファン必見。滋賀県の高校サッカーは強豪校がずらりと並んでいて注目したいところだ。全国の舞台で名を残した名門から新興校まで全5校を紹介しよう。

セクシーフットボールの元祖強豪校「野洲」サッカー部

紹介するチームのトップバッターは、やはり野洲をおいてほかにはないだろう。野洲市に校舎を構える同校は、公立校ながら7度の選手権出場を誇る超名門である。
山本佳司監督が求めるクリエイティブな選手たちによる連携プレーの数々は、目を奪われてしまうほど美しいものである。「セクシーフットボール」と称され、2007年の選手権全国制覇を機に、野洲サッカーの代名詞となっている。全国制覇は一度きりですが、時を経ても個人技で打開するスタイルは今も健在だ。
乾貴士(エイバル/スペイン)、楠神順平(サガン鳥栖)など多くのOBがプロの世界で活躍中である。

冬の国立の舞台にも立った名門「草津東」サッカー部

草津東高校は、1979年に草津市で創立された公立校だ。1995年には県内唯一の体育科コースが開講し、スポーツ面の強化が進んでいる学校でもある
中でもサッカー部はインターハイ12回、冬の選手権にも8回出場する全国の常連で、2001年には全国準優勝という輝かしい成績を収めている。また、高校チームながら天皇杯にも滋賀県代表として3回出場するなど、大人顔負けの強さを誇っている。
OBの高木和道は、卒業後に清水エスパルスに入団、ガンバ大阪や大分トリニータでもプレーした後、現在ジュビロ磐田に所属している。

おすすめの記事