「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パーオン率が急上昇コントロールショットの上手なゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
大山志保選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Chatchai Somwat/Shutterstock.com

ゴルフクラブはフルショットが基本だと思っていないだろうか。確かに、距離が欲しいウッドにはフルショットが向いている。しかし、距離を合わせたいアイアンでは、コントロールショットも必要だ。コントロールショットの概要やコツ、上手なプロゴルフ選手を紹介する。

全てのクラブで打てるように

コントロールショットは、100%の力を使わず、クラブの飛距離を抑えるショットだ。アイアンの番手と番手の中間飛距離を打ちたいときや、距離を合わせて打つことが多いアプローチショットなどは、全てコントロールショットの範疇だ。
また、パンチショットと呼ばれる風に強い低いボールや、左右に曲がる、フックボールやスライスボールを意識的に打つこともコントロールショットの一種だ。
従って、決まったクラブはなく、全てのクラブでコントロールショットが打てなくてはいけないことになる。

振り幅で飛距離を調整

同じクラブで、飛距離を変えようと思ったときは、クラブを短く握るか、クラブのふり幅を少なくする。コントロールショットはクラブのふり幅を少なくして、飛距離を少なくする方法だ。
ゴルファーによって個人差はあるが、ピッチングウェッジから9番アイアン、8番、7番と10ヤード~15ヤード刻みで飛距離は大きくなる。8番で140ヤードだと7番で155ヤードだ。145~150ヤード打ちたいときは7番アイアンでコントロールショットを行う。フルショットの75%ほどの振り幅が一般的な打ち方だ。

おすすめの記事