「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソチオリンピック銀メダリスト平野歩夢(ひらのあゆむ)選手の功績をご紹介します!

2016 12/2 01:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://cyclestyle.net/

スノーボードは1998年にオリンピックの公式種目に認定されて以来、今ではゲレンデ上でスノーボーダーが半数以上占めるほど大流行している。また、最近では世界的な大会で日本人選手の活躍が目立つようになった。そんなスノーボード業界でのスーパーヒーローである平野歩夢選手に注目してみた。

平野歩夢選手の生い立ち

新潟県村上市出身で、現在開志国際高等学校アスリートコース在学中の17歳だ。4歳の時に、3歳上の兄に影響されてスケートボードを始めた。その半年後には兄と一緒にスノーボードを始め、山形県のスキー場で練習に明け暮れる毎日を過ごした。そして、小学4年生の時に有名スノーボードメーカーのバートンとスポンサー契約した。その後多くのコンテストに参加し、2011、12年には、全米オープンのジュニアジャムで優勝している。

金メダルを獲得した大会

12歳の時に出場したUSジュニアオープンで初の金メダル獲得となり、その滑りは世界のメディアに衝撃を与えた。続いて2012年のUSジュニアオープンでは、最高得点を出し優勝した。他には2012 年ハイファイブス、2013年ヨーロピアンオープン、2013-2014 年ワールドカップカルドーナ大会でも金メダルを獲得している。相手がオリンピックメダリストや現役ナショナルチームであっても力を出し切る平野選手は日本の誇りだ。

おすすめの記事