「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソチオリンピック銀メダリスト平野歩夢(ひらのあゆむ)選手の功績をご紹介します!

2016 12/2 01:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://cyclestyle.net/

スノーボードは1998年にオリンピックの公式種目に認定されて以来、今ではゲレンデ上でスノーボーダーが半数以上占めるほど大流行している。また、最近では世界的な大会で日本人選手の活躍が目立つようになった。そんなスノーボード業界でのスーパーヒーローである平野歩夢選手に注目してみた。

平野歩夢選手の生い立ち

新潟県村上市出身で、現在開志国際高等学校アスリートコース在学中の17歳だ。4歳の時に、3歳上の兄に影響されてスケートボードを始めた。その半年後には兄と一緒にスノーボードを始め、山形県のスキー場で練習に明け暮れる毎日を過ごした。そして、小学4年生の時に有名スノーボードメーカーのバートンとスポンサー契約した。その後多くのコンテストに参加し、2011、12年には、全米オープンのジュニアジャムで優勝している。

金メダルを獲得した大会

12歳の時に出場したUSジュニアオープンで初の金メダル獲得となり、その滑りは世界のメディアに衝撃を与えた。続いて2012年のUSジュニアオープンでは、最高得点を出し優勝した。他には2012 年ハイファイブス、2013年ヨーロピアンオープン、2013-2014 年ワールドカップカルドーナ大会でも金メダルを獲得している。相手がオリンピックメダリストや現役ナショナルチームであっても力を出し切る平野選手は日本の誇りだ。

2014年ソチオリンピックでの活躍

2014年2月11日の決戦では1回目が90.75点、2回目が1回目を上回る93.50点をマークし2位となり、堂々銀メダルを獲得した。15歳という年齢でのメダル獲得は、冬季五輪における日本人として最年少の記録だ。また、同種目では平岡卓も銅メダルを獲得した。その結果、日本人で初めてのスノーボード競技でのメダル獲得となった。また、スノーボードにおける15歳74日目でのメダル獲得は、最年少のオリンピックメダリストとしてギネス世界記録に認定されている。

業界に与えた影響

平野選手は、スノーボードにおける最年少のオリンピック・メダリストとしてギネス世界記録に認定されている。公式記録名称はYoungest Olympic snowboard medallist で、ソチ五輪開催中の2014年2月11日に15歳と74日で達成した。また、この影響で平野歩夢選手に憧れてハーフパイプを始める子供が増えた。スノーボードを始める人もさらに増え今ではスキー場ではスノーボーダーの割合が多くなってきている。

平野歩夢選手の素顔

最年少オリンピックメダリストとしてギネス世界記録に認定されるほどの有能な選手だが、まだまだあどけなさが残る17歳だ。頻繁に世界を行き来することは、高校生の平野選手にとって肉体的にも精神的にもハードな面があるようだ。
そんな平野選手の好きな音楽は、ジャパニーズレゲエ、好きな食べ物はつぶ貝、今欲しいものはパソコンだそうだ。趣味はなんとスケボーだとか。しかし、昼間は雪上でのトレーニング、夕方からは屋内でスケードボードでの反復練習を繰り返す並外れた努力家だ。

まとめ

功績をたどると、平野歩夢選手はまさに”日本の小さな巨人”だということがわかる。生まれ持っての才能もあると思うが、今の結果は幼少の時から厳しい指導を受けてきた苦労と努力の表れだと痛感する。まだ、17歳なのでこれからの活躍が非常に楽しみだ。

関連記事

おすすめの記事