「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スノーボード初心者向けの、必要な道具と準備方法

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Boger Anna/Shutterstock.com

ウィンタースポーツのシーズンが近づいてきましたね。「今年はスノーボードデビューしようかな?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。始めるなら、その一歩はまず道具選びからです。ここでは、スノーボード初心者の方向けに、必要な道具とそろえ方を分かりやすく紹介します。

スノーボード(板)と関連の道具

まずはこれがなくては始まらない、「スノーボード」です。「ボード」や「板(いた)」という言い方もされています。スノーボードにはフリースタイルやアルペンなどの種類があり、大きさや硬さなどの違いも様々にあります。
次に「バインディング」です。ビンディングとも呼ばれ、スノーボードの上にブーツを固定させるための道具です。通常ビスやワッシャーが付属しており、ドライバーを使って取り付けます。滑るための道具ではありませんが、大切なアイテムに「リーシュコード」があります。流れ止めとも呼ばれ、足とバインディングを固定するヒモです。着用しないとボードを流してしまい、取り返しのつかない大きな事故につながる可能性もあります。忘れずに必ず用意しましょう。

スノーボード(板)の選び方の基本

スノーボードを選ぶときには、まず、自分に合う長さを知ることから始めましょう。スノーボードの長さを選ぶ基準は身長によって変わり、160cm以下なら「身長-約10cm」、160cmから175cmなら「身長-約15cm」、175cm以上なら「身長-約20cm」が目安となっています。
この時、全長が長くなるにつれてボードのウエスト幅も大きくなりますが、幅の目安は「ブーツのサイズ-マイナス1cm前後」が妥当とされています。ブーツがボードから大きくはみ出してしまうと危険なので、足のサイズにも注意して選びましょう。

身に着ける装備

スノーボードを行うのは真冬の雪山です。普段生活している場所とは全く違う環境ですので、カジュアルウェアのダウンジャケットなどではなく、しっかりとした機能がある「スノボウェア」が必要です。ウェアによって快適性は驚くほど変わりますので、選ぶ際には素材や性能に着目してみてください。
スノーボードの道具の中で一番重要とも言われているのが「ブーツ」です。自分の足に合っていないと滑っているうちに痛くなってしまいますし、力をうまくボードに伝えることもできません。サイズだけで選ばず、実際にいくつか履いてみて、履いた感触を確かめて選びましょう。

小物と初心者必須アイテム

他にも、「グローブ(手袋)」「ビーニー(ニット帽)」「ゴーグル」は必須アイテムです。グローブは、厚さや形など様々な種類がありますが、バインディングの脱着をすることを考えて選ぶことをおすすめします。ビーニーは、耳が隠れる大きさであれば大丈夫です。ゴーグルは、風を防ぐだけでなく、太陽光線から目を守るサングラス機能がついているものが便利です。
初心者には是非準備してほしいものは、「ヘルメット」「ヒッププロテクター」「プロテクター」です。初心者は当然のことながら転ぶことが多いのですが、この時、手をつくと骨折の可能性があり非常に危険で、お尻から転ぶことが重要なのです。ヘルメットやプロテクターは怪我の防止だけでなく、転んだ時の痛みも防いでくれるので、安心して滑ることができます。

安心な入手の仕方は?

ネット通販はお得な価格と手軽さが魅力ですが、初心者はまず、専門店へ行ってみることをおすすめします。道具にはたくさんの種類があるので、知識豊富なスタッフさんに説明をしてもらいながら、ボードに触ってみたり、ブーツを履いてみたりして、自分に合う道具を探してみましょう。出掛ける際は、スノーボードをするときに使う靴下を持参するとブーツが選びやすいです。ない場合は厚手のハイソックスでも近い感じがつかめます。
ゴーグルも、性能が良くても顔にフィットしないと曇ってしまうので、試着ができると安心です。購入するときは、まずブーツを選び、次にブーツと相性の良いバインディング、そしてボードと選んで行くのがおすすめです。お得なセットが用意されていることがありますが、ブーツだけは妥協せずに自分に合うものを選んだ方が良いでしょう。買うものが決まっている場合はネット通販も便利ですし、予算が厳しかったらレンタルを利用するのも手軽です。

まとめ

スノーボードを始めるために必要な道具とそのそろえ方をいくつか紹介いたしました。いかがでしたか?スノーボードの道具はデザインも魅力的なので、いろいろ見比べて選ぶのも楽しいと思います。今シーズンはスノボデビューしようかな?と思ったら、良かったら参考にしてみてくださいね。

関連記事

おすすめの記事