「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スノーボード初心者向けの、必要な道具と準備方法

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Boger Anna/Shutterstock.com

ウィンタースポーツのシーズンが近づいてきましたね。「今年はスノーボードデビューしようかな?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。始めるなら、その一歩はまず道具選びからです。ここでは、スノーボード初心者の方向けに、必要な道具とそろえ方を分かりやすく紹介します。

スノーボード(板)と関連の道具

まずはこれがなくては始まらない、「スノーボード」です。「ボード」や「板(いた)」という言い方もされています。スノーボードにはフリースタイルやアルペンなどの種類があり、大きさや硬さなどの違いも様々にあります。
次に「バインディング」です。ビンディングとも呼ばれ、スノーボードの上にブーツを固定させるための道具です。通常ビスやワッシャーが付属しており、ドライバーを使って取り付けます。滑るための道具ではありませんが、大切なアイテムに「リーシュコード」があります。流れ止めとも呼ばれ、足とバインディングを固定するヒモです。着用しないとボードを流してしまい、取り返しのつかない大きな事故につながる可能性もあります。忘れずに必ず用意しましょう。

スノーボード(板)の選び方の基本

スノーボードを選ぶときには、まず、自分に合う長さを知ることから始めましょう。スノーボードの長さを選ぶ基準は身長によって変わり、160cm以下なら「身長-約10cm」、160cmから175cmなら「身長-約15cm」、175cm以上なら「身長-約20cm」が目安となっています。
この時、全長が長くなるにつれてボードのウエスト幅も大きくなりますが、幅の目安は「ブーツのサイズ-マイナス1cm前後」が妥当とされています。ブーツがボードから大きくはみ出してしまうと危険なので、足のサイズにも注意して選びましょう。

おすすめの記事