「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

スノーボード初心者が今すぐ実践したい練習法を紹介!

2016 12/1 16:42
スノーボード
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Maxim Blinkov/Shutterstock.com

スキーより比較的上達が早いといわれているスノーボードですが、上達にはやはり適切な練習が不可欠です。まだはじめたばかりの初心者やこれからスノーボードをはじめようとしている方にぜひ実践してほしい練習方法についてご紹介します。

スノーボードスクールに入る

まず、半日でもいいのでスノーボードのスクールに入ることをおすすめします。全くの初めてではないが、まだまだ初心者で基本的なことをきちんと教えてくれる人など近くにいないという人にもおすすめです。スノーボードにせっかく行ったのに、スクールに入って半日つぶれるのはもったいないと思うかもしれませんが、急がば回れ。スクールでは、基本姿勢や体重移動はもちろん、転び方、止まり方、リフトの乗り降りなどの基本練習をします。
基本的なことを早めに正しく身につけることで、それらを意識をして自分自身で練習ができるようになり、上達につながります。

転び方、止まり方の練習をしっかりする

初心者にとって一番の不安は、止まることができないことです。スピードが出た時、止まれないと他人にぶつかるのではないか、コースアウトをするのではないかと、不安が先に立ってしまっては思い切って練習をすることができません。コントロールができなくなる前に、正しい止まり方さえできるようになれば、スピードを自分でコントロールすることができるようになります。また、安全な転び方を知って、自ら転ぶことができれば、スキー場で他人にぶつかったり、派手に転んでしまいケガをすることもなくなります。怖さや不安を取り除くことが上達への道です。

おすすめの記事