「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子団体にも復活の兆し!2017-2018シーズン、スキージャンプワールドカップ

2017 12/11 14:28hiiragi
スキージャンプ
このエントリーをはてなブックマークに追加

スキージャンプワールドカップで圧倒的な強さを誇る日本女子選手

国際スキー連盟が主催するスキージャンプワールドカップは、男子が1979-1980シーズンから、女子は2011-2012シーズンから始まった。競技は個人戦と団体戦で争われ、試合毎に付与されるポイントのシーズンを通した合計で、年間総合優勝を競う。

2017-2018シーズンは、男子が2017年11月18日を皮切りに31試合、女子は12月1日から19試合が予定されている。
女子では日本が圧倒的な強さを見せ、過去6シーズン中総合優勝4回、準優勝2回、3位に2回入っており、2016-2017シーズンは、優勝・高梨沙羅選手、準優勝・伊藤有希選手とワンツーフィニッシュを飾った。

世界ナンバーワンの女性スキージャンパー高梨沙羅

高梨沙羅選手は、日本が誇る世界ナンバーワンの女性スキージャンパーだ。1996年北海道で生まれて、8歳の時からジャンプを始めた。
2011年コンチネンタルカップで女子選手史上最年少優勝、2012年ユースオリンピック金メダルと実績を残し、2012年3月、ワールドカップで初優勝を飾った。以降の活躍は凄まじく、2012-2013シーズンのワールドカップでは優勝8回で総合優勝に輝き、2013-2014シーズンでは18戦中優勝15回、準優勝2回、3位が1回の成績で総合2連覇を遂げている。

しかし、金メダル確実と思われた2014年ソチオリンピックではまさかの4位に終わり、1発勝負の難しさも経験した。
ワールドカップでは2015-2016シーズンから総合2連勝中、通算勝ち星も53勝まで伸ばし2017-2018シーズンに臨んでいる。

おすすめの記事