「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知りたい!セーリングの起源や歴史、昔と今の違いなど!

2016 12/16 11:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alvov / Shutterstock.com

皆さんはセーリングというスポーツを知っていますか? セーリングは、帆をつけた乗り物に乗って、風の力を使って水上を駆け巡るスポーツです。 あまり見たことがないという方も多いと思いますが、とっても面白い競技です。 今回は、セーリングの歴史についてご紹介します。

セーリングの起源

セーリングは、まだ蒸気機関やエンジンが発明されていない時代に、大海原を渡るために生まれました。そのため、スポーツ的な要素というよりは、地方の探査や物資の輸送を目的とするもので、特にヨーロッパのオランダで広く利用されていました。
その後、遊びとしてセーリングを始める人が徐々に増えていき、船も次第に小型化されるようになりました。そして、16世紀初頭にアイルランドで初めてセーリングのためのヨットクラブが設立されたことがきっかけで、スポーツとして発展していきました。

スポーツとしてのセーリング

スポーツとしてのセーリングは、1800年代中期より活発になってきました。1896年には、第1回アテネオリンピックの競技にも採用されています(悪天候のため実施されず)。
セーリングは、レース形式で試合が行われます。早くゴールした者が勝者となりますが、種目によっては時速60キロになるものもあります。エンジンも使わないのに驚きですね。
また、セーリングの魅力のひとつとして、頭脳戦がキーポイントとなることが挙げられます。あくまでも自然との闘いになるので、風や波を計算していつアタックをかけるのかというところに面白みがあります。

おすすめの記事