「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

親友であり宿敵 飯伏幸太 vs. ケニー・オメガ 6年ぶりのシングルマッチ!

2018 8/10 07:00SPAIA編集部
プロレスリング,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

タッグパートナーであり、最大のライバル。「ゴールデン☆ラヴァーズ」6年ぶりのシングルマッチ!

長いプロレスの歴史の中で、ライバル関係であるレスラーは数多くいた。タイガーマスクとダイナマイトキッド、長州と藤波、そして猪木と馬場。同じ時代に生まれた二人が、プロレス界で火花を散らし、観客に大きな感動を与えている。

現代プロレスでも同様だ。同じ時代に生まれてきてしまったがゆえに、友であっても拳を交わさないといけない宿命の相手がいる。現在、「プロレス業界で最も長く過酷なリーグ戦」と言われるG1クライマックスが開催されているが、8月11日の日本武道館大会で注目の対戦カードがある。

飯伏幸太 vs. ケニー・オメガ

プロレス界におけるビックネームであり、親友、タッグパートナー、そして最大のライバルである飯伏とケニー。インディ団体時代から共にしのぎを削ってきた両者が、日本プロレス界最大のリーグ戦にて、再び相まみえる。シングルマッチでの対戦は、DDTプロレスリング「武道館ピーターパン~DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP!~」日本武道館大会から数え、実に6年ぶりとなる。

かつて、ネットプロレス大賞も受賞した名カード。この歴史的対戦の前に、両者の歩みと試合の見どころを解説していきたい。

共に過ごしたインディ団体時代

彼らの出会いは、2008年に遡る。DDTプロレスリング主催、DDT闘うビアガーデン(観客席にビアガーデンスタイルで観戦してもらう興行)にて、飯伏とこのとき初来日したケニーは、路上とリング上でそれぞれ1本先取した方が勝ちという変則ルールにおいて壮絶な闘いを繰り広げた。その試合から二人は意気投合し、翌年1月より「ゴールデン☆ラヴァーズ」としてタッグを結成。並外れた運動神経と、息のあった連携などで観客を沸かせ、人気を博していく。

しかし、2010年に新日本プロレスに活動の幅を広げてから、二人は別々の道へと歩み出していくことになる。ケニーはベビーからヒールに転身、ヒールユニット「バレットクラブ」のリーダーとして、新日本プロレスのリングで闘い続けた。

かつてバレットクラブを支えた名レスラー達(プリンス・デヴィット、AJスタイルズなど)は、世界最大プロレス団体「WWE」に移籍してしまい、バレットクラブを支えるには身を粉にして闘う必要があった。ヤング・バックスらの力も借り、ヒールでありながら絶対的な人気を博し、現在はIWGPヘビー級チャンピオンの座に輝いている。

一方、飯伏幸太は新日本プロレスを退団し、個人事務所「飯伏プロレス研究所」を立ち上げる。よりプロレスというスポーツを研究するために、彼は世界中を回った。WWEの主催するクルーザー級トーナメント「CWC」では、アメリカのファン達を大いに沸かせることに成功する。だが、WWEでの長期活動は彼自身から断った。それも、彼自身の追及するプロレスを見出すためであり、飯伏らしい選択だった。

そして、彼は親友であるケニーが頂点に君臨する新日本プロレスに戻ってきた。2018年1月28日に行われた新日本プロレス北海道大会のメインイベントで、ジェイ・ホワイトに敗れたケニーがCodyやハングマン・ペイジから制裁を受けそうになった場面で、飯伏がケニーを救出。それがきっかけで、正式にゴールデン☆ラヴァーズは復活を遂げた。

おすすめの記事