「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレス界の名タッグで有名なテンコジを解説します。

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://boku-pro.com/

プロレス大賞で最優秀タッグチーム賞も獲得したほどの実力がある黄金コンビ、テンコジこと天山広吉選手と小島聡選手。 彼らの生い立ちから活躍まで、テンコジの歴史をお伝えします。

プロレスラー・天山広吉選手について

1971年生まれで京都出身の天山広吉選手。新日本プロレス学校から1990年5月に新日本プロレスに入門しました。翌年の1月には山本広吉という本名でデビュー。1993年のヤングライオン杯では見事優勝を飾りました。 その後、武者修行のため海外へ。肉体改造もして、1995年の帰国でリングネームを天山広吉と改名しました。23歳9ヶ月という若さでIWGPヘビー級王座に挑戦して敗退するも、当時は最年少挑戦記録として周りからは将来性を期待されていました。
その後も数々のタイトルを獲得し、強さを見せつけました。IWGPヘビー級王座4回、G1 CLIMAX優勝3回など、個人でも華々しい業績を残しています。

プロレスラー・小島聡選手について

1970年生まれで東京出身の小島聡選手。プロレス界では格闘技のタイトル保持者が少なくない中、小島選手の学生時代は柔道経験があったほどでした。卒業後は企業に就職しましたが、その後アニマル浜口ジムでトレーニング経験を積み、1991年に新日本プロレスに入門しました。
メキメキと頭角を現し、1994年のヤングライオン杯では全勝で優勝し、その後海外遠征にも参加。1996年の帰国後は中西学選手とタッグを組み、IWGPタッグ王座も獲得しました。怪我に悩ませられる時期もありましたが、その後もIWGPヘビー級王座2回、G1CLIMAX優勝1回、全日本プロレス三冠ヘビー級王座2回など、個人でも数々のタイトルを獲得しています。

おすすめの記事