「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスラー永田裕志選手の歴史を解説します!

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://nagata-lock.jp/

ブルージャスティス、青義の使徒、熱血プロレス教師、白目の鬼神と、さまざまなニックネームを持つプロレスラー・永田裕志選手。 20年以上もプロレス界で活躍し、数々のタイトルを獲得している凄腕プロレスラーの魅力をお伝えします。

プロレスラー永田裕志選手の生い立ち

永田裕志選手は、1968年生まれの千葉県出身で日本体育大学を卒業しています。
大学ではレスリング部に所属し、1988年には全日本学生選手権で優勝、1989年には全日本大学グレコローマン選手権でも優勝という経歴の持ち主です。
ちなみに、弟はレスリングで銀メダリストの経歴があり、兄弟そろって強い選手でした。父親は教師で、プロレスラー一筋の永田裕志選手も実は教員免許を持っています。
大学時代の実力を買われ、1992年3月に新日本プロレスに入門し、その年の9月14日に山本広吉(現・天山広吉)戦でデビューしました。

永田裕志選手の得意技

永田裕志選手のフィニッシュホールド(決着をつけるための技)は「バックドロップ・ホールド」と「エクスプロイダー・オブ・ジャスティス」です。
バックドロップ・ホールドは若手時代から使っている代表的な技です。また、エクスプロイダー・オブ・ジャスティスは、2013年G1クライマックスから使っていて、EOJとも略されて親しまれています。
関節技の「ナガタ・ロックⅠ、II、III、IV」や、投げ技の「サンダー・デス・ドライバー」も得意技として有名です。

おすすめの記事