「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピックはいつから始まった?大会の歴史紹介

2017 7/10 10:01芝田カズヤ
パラリンピック2016
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO/Shutterstock.com

4年に1度行われるパラリンピック。今ではオリンピック終了後に同じ会場で行われていますが、かつてはそうではありませんでした。今回はそんなパラリンピックの歴史を紹介したいと思います。

パラリンピックとは?

パラリンピックはオリンピックと同じ年に同じ都市で開催されます。そのため夏季、冬季の2種類の大会があります。
パラリンピックの意味は、もともとは「Paraplegic Olympic(対麻痺者のオリンピック)」という意味でしたが、のちに「Parallel+Olympics(類似した、同様の+オリンピック)」として、もう1つのオリンピックという意味へと変わっていきました。
パラリンピックを統括するのはIPC(国際パラリンピック委員会)で、オリンピックを統括するIOC(国際オリンピック委員会)とは別の組織です。日本でも同様にパラリンピックが日本パラリンピック委員会、オリンピックが日本オリンピック委員会と別になっています。

障がい者スポーツの国際大会のはじまり

障がい者スポーツの国際大会は、後述するパラリンピックの始まりよりも前から行われていました。障がい者がスポーツをしていたという記録は、紀元前からあったそうです。しかし、障がい者のスポーツ団体が生まれ、スポーツ大会が行われるようになったのは、19世紀から20世紀にかけてのことでした。
初めての国際的な障がい者のスポーツ大会は、1924年に国際ろう者スポーツ連盟が行った第1回国際ろう者スポーツ競技大会(現在のデフリンピック)でした。
パラリンピックが行われるのはここからもう少し後のこととなります。

おすすめの記事