「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中央大学アイスホッケー部 5つの強さの秘訣とは?

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by dotshock/Shutterstock.com

大学アイスホッケー部について、どれくらいご存知ですか? 将来プロとして活躍する選手も出てくる大学アイスホッケーで、最近特に勢いがあるのが「中央大学」です。 今回は、中央大学アイスホッケー部の5つの魅力をご紹介します。

中央大学アイスホッケー部の練習場所に、秘訣あり

中央大学アイスホッケー部は、1920年(大正9年)に創部されました。強さの秘訣は、何と言っても練習場所へのこだわりです。「銀河アリーナ」「東大和アリーナセンター」「ダイドードリンコアイスアリーナ」「新横浜スケートセンター」など、幅広い場所で練習しています。
これらの練習場所は、実際の大会で使用されているのが特徴です。中央大学アイスホッケー部では、「いかに本番さながらの環境で技術を磨けるか?」を重視して特訓しています。

早朝・深夜でも練習するのが、中央大学アイスホッケー部

日本一になるために、中央大学アイスホッケー部は時間帯に関係なく練習しています。特に、氷上練習を早朝・深夜に行っているのは、中央大学アイスホッケー部の特徴ともいえます。
時間を空けずに技術を鍛えることで、インカレ(日本学生氷上競技選手権大会)でも優秀な成績を収めており、春・秋の大会どちらかで優勝するケースが多くなっています。また、「アジアリーグ選手の輩出」という実績もあり、まさに努力型のスタイルで他の大学を圧倒しています。2016年~2017年シーズンにも、多くの注目が集まっている大学です。

おすすめの記事