「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アイスホッケーの防具の選び方、5つのコツとは?

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Stanislav Salamanov/Shutterstock.com

アイスホッケーを始めたばかりだと、知らないことが多くて大変ですよね。 アイスホッケーにはさまざまな防具があるため、選び方には十分気を付けたいところです。 「防具の選び方が分からない!」と嘆いている人のために、今回は防具の選び方のコツ5つをご紹介します。

スケート靴の選び方

スケート靴は、サイズ選びが特に重要です。サイズが小さいと足に負担がかかってしまい、長時間履くことが難しいとされています。逆にサイズが大きいとパフォーマンスが低下するため、自分が踏ん張りやすいと感じるサイズを選びましょう。 サイズ選びと一緒に、紐が緩みにくいものか確認するとよいでしょう。また、エッジカバーの選び方にも注意しましょう。ネットタイプではすぐ切れてしまうので、プラスチック製のエッジカバーがおすすめです。

スティックの選び方

スティックでは、ブレードとシャフトが一緒になっているワンピースタイプを選びましょう。ブレードとシャフトが分かれているセパレートタイプでは、慣れないと安定しません。ワンピースタイプであれば、初心者でも比較的すぐに使いこなせるようになります。 また素材はカーボンタイプがおすすめです。カーボンタイプは、長く使えるため便利です。ウッドタイプは使いやすくて安価ですが、折れやすいため初心者向きではありません。

おすすめの記事