「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【見どころ】オリンピック・アイスホッケーを楽しむための5つのこと

2016 12/1 16:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Alfaguarilla/Shutterstock.com

日本のアイスホッケーは、どれほどの実力かご存じですか? アイスホッケーファンならば、オリンピックにおけるアイスホッケーについても知っておきたいところです。 今回は「オリンピックのアイスホッケーを楽しむための5つのこと」をご紹介します。

オリンピックにおけるアイスホッケーの始まり

オリンピックにおけるアイスホッケーの始まりは、1920年(大正9年)にアントワープで開催された夏季オリンピックでした。この大会では、カナダが金メダル、アメリカが銀メダル、チェコスロバキアが銅メダルに輝きました。
その後、1924年の第1回シャモニー・モンブラン大会から冬季オリンピックで開催されるようになりました。メダル争いにはフィンランド、スウェーデンなどの北欧諸国も加わり、これら国々は現在でも強豪国とされています。日本は1936年のガルミッシュ・パルテンキルヘン大会で初出場しましたが、9位タイで終わりました。

日本アイスホッケーとオリンピックの関わり

日本が2回目のオリンピックに出場したのは、1960年のスコーバレーオリンピックです。当初はカナダに19-1で敗戦、スウェーデンに19-0で敗戦、実力差がはっきり分かれていました。
しかしオーストラリア戦では13-2で圧勝し、劇的な初勝利を収めました。結果的に9ヶ国中8位という順位で幕を閉じましたが、勢いのある1勝を決めたことで「日本のアイスホッケーに秘められた可能性」が明らかになった瞬間でした。

おすすめの記事