「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アイスホッケーを語るなら知っておきたい名選手たちをご紹介

2016 12/2 01:42
アイスホッケー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Anton_Ivanov/Shutterstock.com

世界的に高い人気を誇るアイスホッケー。 今回は北米スポーツの最高峰であるNHLを中心に、活躍した名選手や現役スター選手について紹介する。

アイスホッケーの神様「ウェイン・グレツキー」

ウェイン・グレツキーは1961年1月26日生まれのカナダ人で、アイスホッケー史上最高のプレーヤーと評された、誰もが認めるアイスホッケー界のカリスマ的な存在だ。
18歳でオイラーズの一員としてNHLデビューを飾ると、その年にリーグ最優秀選手に贈られるハート記念賞を受賞。その後は1999年まで20年間の現役生活の中でゴール数、アシスト数など数々の記録を打ち立て、いまだに破る選手は出てきていない。 アメリカではマイケル・ジョーダンやベーブ・ルースと並び称されるスーパースターの地位を築いている。

アイスホッケー史上最高のゴーリー「パトリック・ロワ」

アイスホッケーのキーパーのことをゴーリーと呼ぶが、史上最高のゴーリーといわれているのが、パトリック・ロワだ。 1965年10月5日生まれのカナダ人であるロワは、1984年にNHLデビューを果たす。スタンディングスタイルが主流だった当時、低めのシュートに強いバタフライスタイルと高いキャッチ能力が見事にはまったロワの新しいスタイルは、世界最高のゴーリーという評価を得るに至る。
1980年代後半から1990年代前半が最盛期で、この時期に最優秀ゴーリーを3回受賞し、リーグ最少失点を4回記録した。

おすすめの記事