「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【有馬記念】ルメール×乗り替わりは16年有馬以降で複勝率87.5% 中山芝2500mを徹底検証

中山芝2500mのデータインフォグラフィックⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

中山芝2500mの概要

今週は中山芝2500mを舞台に日本競馬の総決算、有馬記念が行われる。天皇賞(秋)でアーモンドアイを追い詰めたクロノジェネシスとフィエールマンに加え、エリザベス女王杯連覇を含むGⅠ4勝馬、ここが引退レースとなるラッキーライラック、ジャパンCで三冠馬3頭に最も迫ったカレンブーケドールなどが冬の中山に集結する。

このコースを舞台とする重賞は有馬記念の他に天皇賞(春)の重要なステップレースとなるGⅡ・日経賞がある。コースの特徴を過去のデータから分析していこう(使用するデータは2010年12月26日〜2020年12月6日)。

まずはコース概要。内回りコースが舞台だが、スタート地点を内回りに設定するとすぐコーナーを迎える影響で、外回りの3角手前からスタートする。4角を回った後に正面スタンド前で中山名物・高低差2.2mの急坂を上る。その後2角前まで上りが続き、向正面の平坦な直線を迎える。

3・4角のきついカーブを下るとわずか310mしかない直線へ。直線距離は中央4場で最短だ。最後に待ち受ける2度目の急坂が勝負のカギを握る。コーナーを6回も通過し、器用さが求められるトリッキーなコースレイアウトだ。

内枠がやや有利、8枠は絶望的

中山芝2500m枠順別成績



過去の有馬記念ではヴィクトワールピサ、ジェンティルドンナ、キタサンブラック、クイーンズリングなどが内枠を利して好走したこともあり、内有利のイメージが脳裏にある方が多いかもしれないが、1・2枠の勝率がわずかに高い他はそれほど成績に偏りがないのが実情。

とはいえ距離ロスの大きい8枠はさすがに厳しく、有馬記念でも20頭が出走してシュヴァルグランの3着が最高着順だ。期間を1986年以降にまで広げても勝ったのはイナリワン、シンボリクリスエス、ダイワスカーレットという超一流の名馬3頭に限られ、人気馬が桃帽を引けば消しの勝負に出る価値がある。

中山芝2500m脚質別成績

脚質別では先行が連対率27.7%。やはり前で運べる馬が有利だが、逃げは連対率16.5%と意外に目立たない。

有馬記念に限っても、昨年こそ7年ぶりに4角7番手以下の3頭で決まったが基本は前。逃げは【1-0-1-9】と今ひとつだが、先行勢は人気馬がほぼ崩れていない上、10年3着トゥザグローリー(14番人気)・15年1着ゴールドアクター(8番人気)・17年2着クイーンズリング(8番人気)などがたびたび穴を開けている。6回のコーナー通過・短い直線というGⅠの中でも屈指のクセを持つコースゆえ、レイアウトをフルに生かせば力量差が埋められるという点を覚えておきたい。

なお追込馬は【0-0-2-42】という目を覆いたくなるような成績で、軽視が正解だろう。

ステイゴールド亡き種牡馬混戦の時代

中山芝2500m種牡馬別成績



かつては「ステイゴールド産駒を買えばいい」という時代があったコース。過去10年で22勝はぶっちぎりのトップで、有馬記念でも好走例は枚挙にいとまがない。しかしこの大種牡馬は2015年にこの世を去り、登録段階で唯一の該当馬クレッシェンドラヴも除外対象となっている。

今年の有力馬ではディープインパクト産駒が7勝と頭ひとつ抜けている。有馬記念での好走率は決して高くないが、4番人気以内に支持された14年ジェンティルドンナ、16年サトノダイヤモンド、19年ワールドプレミアは全て馬券圏内となっており、フィエールマンやカレンブーケドールも堅実に走ってきそうだ。

伏兵ユーキャンスマイルを送り込むキングカメハメハ産駒も上々の成績。ルーラーシップ産駒は先行粘り込みが持ち味で、4角5番手以内通過に限ると【3-1-2-6】と半数が馬券になっている。過去2年はいずれも5着に終わったキセキのリベンジに期待したいところ。

2頭のGⅠ馬、ブラストワンピースとペルシアンナイトが出走するハービンジャーも、出走数は多くないものの安定している。

中山芝2500m騎手別成績



騎手別成績ではルメール騎手がダントツだ。乗り替わりでの一発解答が多く、2016年の有馬デー以降は【1-3-3-1】とほぼパーフェクト。有馬記念では昨年こそ大本命馬アーモンドアイで9着に沈んだものの、ハーツクライでディープインパクトを破るなど何度も好騎乗を披露しており、全幅の信頼は揺るがない。関西組にはすっかりグランプリ男の異名が定着した池添謙一騎手も控えている。

お膝元の関東所属からは戸崎圭太騎手をピックアップ。条件戦での好結果が中心で重賞は【1-0-0-11】と不振も、唯一の勝利はこの有馬記念(14年ジェンティルドンナ)。また、横山典弘騎手は今年同コースで【4-1-0-1】と確変に入っており、オセアグレイトをテイエムオペラオー以来となる「前走ステイヤーズS組の有馬激走」に導くかもしれない。

オークス馬復権へ

中山芝2500m調教師別成績



最後に、サンプル数が少ないものの参考として調教師別成績を挙げる。

最多の5勝をマークしているのは国枝栄調教師。200%に迫る単勝回収率は好相性の証だ。今年の出走馬はカレンブーケドール。昨年アーモンドアイの雪辱と、07年マツリダゴッホ以来の2度目の有馬記念制覇を託す。

国枝師を超える複勝率の手塚貴久調教師は2番人気以内で【3-5-1-4】複勝率69.2%と抜群の安定感を誇る。昨年の有馬記念をリスグラシューで圧勝した矢作芳人調教師は複勝率5割と出色の数字で、豪華メンバーの影に隠れている印象のあるオークス馬ラヴズオンリーユーは怖い存在だ。

中山芝2500mデータインフォグラフィックⒸSPAIA



《ライタープロフィール》
東大ホースメンクラブ
約30年にわたる伝統をもつ東京大学の競馬サークル。現役東大生が日夜さまざまな角度から競馬を研究している。現在「東大ホースメンクラブの愉快な仲間たちのブログ」で予想を公開中。


《関連記事》
【有馬記念】まさかの人気馬総崩れ?勝ち馬に必要な4つの条件をクリアしたのは3頭だけ
【有馬記念】「ルメール1強時代」の弊害?ハイブリッド式消去法でフィエールマンが消し対象に
【有馬記念】今年最後も牝馬の有終Vに期待 東大・京大の見解は?【動画あり】

おすすめの記事