「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

9頭中7頭が馬券圏内に 阪神1400mは友道厩舎にお任せ!【フィリーズレビュー】

競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸJRA

傾向からは伏兵に注意

桜花賞トライアル第2弾、フィリーズレビュー(GⅡ・芝1400m)。3着までに入れば無条件でGⅠ桜花賞に出走できるだけに、各陣営がその切符をものにしたいところ。ただ、阪神芝1400mという条件は以前も述べたが、とにかく厄介なコースで、3着以内を狙おうと積極的な競馬をすると思うようにいかず、無欲な馬が馬券圏内に入ってくることもある。現に過去10年で3連複10万以上の配当が2回、1、2番人気両方が馬券圏内に来たのが3回しかなく、伏兵にも気を付けなければならない。

なぜか前走1、2番人気の馬が来ない?

まずは前走の人気別成績から見てみよう。

過去10年の前走人気別成績(オープン組)


過去10年の前走人気別成績(下級条件組)


上は前走オープン以上のレースを使った成績である。3、4番人気の成績がかなりいい。ただ、中身はオープンからGⅠまでバラバラである。

ただ、気になるのは前走1、2番人気が圏内にほとんど来ていない点。人気するにはそれなりの理由があり、その多くはレース内容が評価されてのものだが、その馬が馬券圏内に来ないというのはなんとも不思議なデータである。ある程度人気が予想されるプールヴィル、レッドアネモスにとっては嫌なデータである。そして前走、下級条件を使ってフィリーズレビュー挑む馬にとっては、ある程度前走で人気をしている馬でないと厳しいというデータが出ている。

おすすめの記事