「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

武豊騎手、藤田菜七子騎手のお得意様馬主は? 騎手×馬主の相性チェック②

武豊
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

武豊騎手×メイショウは複勝率47.7%

2018年の「騎手×馬主」とのコンビを調べるコラム第2弾。前回は2018年のトップ5の騎手のごひいき馬主の成績を見たが、今回は6位以下で特徴のある騎手を見ていこう。

《前回記事》福永騎手×金子真人HDコンビは馬券圏外が1回のみ 騎手×馬主の相性チェック

まずは武豊騎手。

武豊騎手馬主別成績

ⒸSPAIA


「メイショウ」でおなじみの松本好雄氏がトップ。勝ち星の数ならキーファーズも負けていないが、「武豊騎手×松本好雄氏」の複勝率の高さは目につく。騎乗数も上位2頭の馬が1、2位。ちなみに3位の大野剛嗣氏だが、これはマテラスカイの4勝だけであり、お得意様ということではなさそうだ。

次は「競馬界のアイドル」藤田菜七子騎手。

藤田菜七子騎手馬主別成績

ⒸSPAIA


イメージ的にDr.コパこと小林祥晃氏との相性がいいのかと思ったが、1勝止まりで乗り鞍も3位タイの数字。勝率なども悪く献身的に小林氏が藤田騎手に騎乗機会を与えているように感じる。来週はこの小林オーナーの馬でフェブラリーSに参戦。勝ち負けできる力のある馬だけに恩返しをしたいところだ。

勝ち星トップはシルクレーシング。いろいろな馬に乗っての2勝2連対なので、優秀な数字ではないだろうか。2位の増田氏は夏にまとめて乗った馬で1勝したのみで、それ以来はあまり乗せてもらっておらず、アテになるデータではない。

藤田騎手の特徴は昨年乗せてもらった馬主の数。実に258馬主に及ぶ。昨年リーディングのルメール騎手が175馬主。レジェンド武豊騎手が170馬主。これらと比べると、馬主の観点からも「競馬界のアイドル」の名がふさわしい。

おすすめの記事