「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

秋の女王決定戦!エリザベス女王杯の楽しみ方

2017 7/12 14:39ユタロー
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dziurek/Shutterstock.com

秋の女王決定戦といえば、エリザベス女王杯だ。 若手と古馬が入り混じる戦いは、非常に盛り上がるレースとなっている。 そんなエリザベス女王杯を楽しむために、レース概要や歴史、ここ数年のレースの傾向などについて紹介する。

エリザベス女王杯のレースとは

エリザベス女王杯は、JRAが開催するGIレースだ。毎年11月中旬に京都競馬場で開催される。
エリザベス女王杯のコース設定は、2200mの芝コースだ。スタートから第1コーナーまで約400mと比較的距離があるため、スタート直後から逃げに走る馬は多くない。そのため、ゆっくりとしたペースでレースが展開されやすい。
エリザベス女王杯の出走資格は、サラブレッド血統の3歳以上の競走馬であり、牝馬に限られる。地方競馬所属馬については、GIレースである秋華賞、GIIレースである京都大賞典や府中牝馬ステークスで2着以内に入ることで優先出走権を得ることができる。また、外国調教馬については、9頭まで優先出走権を与えられる。
エリザベス女王杯の獲得賞金は次のとおりとなっている。

  • 1着 9300万円
  • 2着 3700万円
  • 3着 2300万円
  • 4着 1400万円
  • 5着 930万円

エリザベス女王杯の歴史

エリザベス女王杯の前身として、1970年から1975年に京都競馬場において、現在でいう3歳牝馬限定の「ビクトリアカップ」が開催されていた。当時は牝馬三冠競争の最終戦という認識だった。
その後、1975年にエリザベス2世が日本を訪問されたことを記念して、翌年の1976年からエリザベス女王杯が開催されるようになった。当時は、ビクトリアカップと同じ2400mのコースと出走資格で開催されていた。
現在のルールになったのは、1996年だ。同年に3歳牝馬三冠の決定戦として秋華賞が創設されたことから、エリザベス女王杯については、3歳牝馬だけでなく古馬も出走できるように、出走資格が3歳以上の牝馬と変更されて開催されるようになった。
もともとはJRA登録馬しか出走することができなかったが、1995年に指定交流競走になり、地方競馬所属馬も特定のレースで活躍すれば出走できるようになった。さらに、1999年から外国馬の出走も認められ、現在のレース体制となった。

おすすめの記事