「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

エリザベス女王杯の前哨戦?秋華賞の楽しみ方

2017 7/12 14:39ユタロー
競馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dziurek/Shutterstock.com

比較的新しいGIレースである秋華賞は、牝馬だけが出走できるレースだ。 近く開催されるエリザベス女王杯の前哨戦としても知られている。 秋華賞をもっと楽しむため、レース概要や歴史、そして近年の動向などについて解説する。

秋華賞のレース概要

秋華賞はJRAが開催するGIレースの1つだ。毎年10月中旬に京都競馬場で開催される。秋の深まった気持ちの良い空の下で開催されるため、現地での観戦もおすすめだ。コースは2000mの芝の中距離コースだ。第1コーナーまでの距離が短く、激しい展開になりやすいコース設定となっている。
出走資格は、サラブレッド系の3歳牝馬に限定されている。外国産馬を含むJRA所属馬が出走できる。地方競馬所属馬については、紫苑ステークス、ローズステークスで3着以内、そして桜花賞、優駿牝馬で1着となった馬に優先出走権が与えられる。さらに、優先とはならないが、桜花賞、優駿牝馬、皐月賞、東京優駿、NHKマイルカップで2着以内の場合は出走資格が与えられる。外国調教馬は、登録をすれば9頭まで優先出走が可能となっている。
秋華賞の獲得賞金は次の通りだ。

・1着 9200万円
・2着 3700万円
・3着 2300万円
・4着 1400万円
・5着 920万円

秋華賞の歴史とは

秋華賞の歴史は比較的浅く、1996年に始まった。「秋華」とは、中国の詩で使われたことがある秋の華であり、秋には大きな実り、華には名誉や容姿の美しさ、盛りという意味が込められており、まさに秋の女王を決めるレースにうってつけの名前となっている。
1ヶ月後の11月中旬に開催されるエリザベス女王杯へ向けての前哨戦的な位置づけとなっており、ここでの結果がエリザベス女王杯の予想に影響を与えることが多い。エリザベス女王杯の距離は2200mなので、予想をしやすいということもあるようだ。
秋華賞の開催競馬場である京都競馬場や2000mという距離は、創設当時から変更が加えられていない。唯一変わったところといえば、2009年からは外国馬も出走できるようになったということだ。

秋華賞の近年の動向

秋華賞は、スタートをしてから第1コーナーまでの距離が短いと紹介した。そうすると内枠が有利になりそうに思えるが、どちらかというと5枠よりも外の馬が良い成績を残していることが多い。
近年の勝ち馬の動向としては、事前の人気馬が上位に入ることが多く、予想はしやすいように思える。また、トライアルレースにもなっている紫苑ステークスで上位を獲得した馬が、秋華賞でも上位に食い込んでいることが多い。

まとめ

秋華賞を楽しむための情報を紹介した。 秋華賞は、秋も深まってきた非常に気持ちの良い時期に開催される。 ぜひ皆様も京都競馬場に足を運んで、秋華賞を楽しんでみてはいかがだろうか?

関連記事

おすすめの記事