「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【マイラーズC】「父ディープインパクト」「前走マイル」「逃げ・先行」 阪神マイルの好走パターンとは

2021 4/18 17:03勝木淳
マイラーズCインフォグラフィックⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ディープインパクト◯、キングカメハメハ△

安田記念の前哨戦・マイラーズCはかつて阪神で施行されてきた。2000年マイネルマックスが勝った年から4月に移り、2012年シルポートが連覇を達成した年から京都で行われてきた。そして今年は京都改修のため阪神にいわば里帰り。阪神マイラーズCのデータは京都以上に多いものの、2011年以前のデータはさすがに古いので、ここでは過去10年間、阪神芝1600m古馬オープン、重賞レースのデータ(対象48レース)を使用する。


過去10年同条件人気別成績ⒸSPAIA


1番人気は【14-6-9-19】勝率29.2%、複勝率60.4%とまずまず。しかし今年のマイラーズCは安田記念の前哨戦としてはGⅠ級不在のやや手薄なメンバー構成。断然人気馬がいない組み合わせが予想されるので、この点で素直に1番人気を信用していいものか。勝ち馬はだいたい4番人気以内から出現、2、3着候補は人気薄まで警戒が必要。10番人気以下は【5-10-7-234】なので、フェアなワンターンのマイル戦の割に穴も出現する。


過去10年同条件種牡馬別成績ⒸSPAIA


種牡馬別成績をみると、やはり阪神マイルに強いディープインパクト【12-12-10-57】勝率13.2%、複勝率37.4%が着度数別でトップ。金鯱賞であっと言わせたギベオンは19年ダービー卿CT以来のマイル戦になるが、血統面ではあと押しがある。


過去10年同条件・父ディープインパクト前走着順別成績ⒸSPAIA


ディープインパクト産駒の前走着順別成績をみると、同産駒らしく前走1着馬が【7-3-5-7】勝率31.8%、複勝率68.2%と強い。前走10着以下【3-2-2-17】など大きな着順から巻き返してくる馬もいるが、連勝や一気に昇級の壁を突破するのは同産駒の特徴。春興Sを逃げ切ったフォックスクリークが該当する。

エアロロノアら出走予定馬が多いキングカメハメハは【3-0-2-45】勝率6%、複勝率10%と対照的。キングマンボ系らしく強い筋肉をまとい、スピードの持続性が武器の同産駒にとって、瞬発力勝負になりやすいコースは得意とはいえない。もっともレースの流れがタイトになり、持続力タイプ向きの展開になるようであれば、ここも検討すべきだろう。


ベストは前走東京マイル組だが…

マイル戦を検討する上でキーポイントになるデータが前走距離別成績だ。さっそく該当レースにおける前走距離別成績を出すと、

過去10年同条件前走距離別成績ⒸSPAIA


延長【10-11-8-132】勝率6.2%、複勝率18.0%、短縮【13-17-18-209】勝率5.1%、複勝率18.7%に対し、前走が1600m戦だった馬は【24-20-22-197】勝率9.1%、複勝率25.1%となる。マイル戦はマイル戦からである。では阪神マイルで強い馬はどんな馬だろうか。

過去10年同条件・前走マイル組前走場所別成績ⒸSPAIA


前走がどの競馬場のマイル戦だった馬がいいのかというと、東京【13-7-7-54】勝率16.0%、複勝率33.3%がトップ。左右の違いこそあるがワンターンで、阪神ほどではないが、直線に坂がある東京マイルは総合力が必要な舞台。阪神マイルとの親和性が高い。東京新聞杯組のダイワキャグニーが該当する。ただし、ダイワキャグニーは全8勝が東京、いわば東京専用馬。29戦目にして阪神は初出走。プラスになるかどうかを見極めたい。

マイラーズCと同じ阪神マイルだった馬は【3-3-3-43】勝率5.8%、複勝率17.3%と案外数字はよくない。エアロロノア、ラセットら該当馬が多いので、慎重に考えたいところだ。中山も【2-3-1-50】勝率3.6%、複勝率10.7%なので、このデータではフォックスクリークや東風S組も素直に飛びつけない。


過去10年同条件・前走マイル組前走脚質別成績ⒸSPAIA


最後に前走マイル戦出走馬のその位置取り別成績をみる。逃げ【3-2-1-17】勝率13%、複勝率26.1%、先行【10-6-5-33】勝率18.5%、複勝率38.9%とやはりスピードを生かして前で競馬していた馬が優位。良ならば速い時計が出る馬場だけにこのデータは有効だろう。マイル戦で逃げたダイワキャグニー、フォックスクリーク、先行したワールドウインズらはチェックしておきたい。

ライタープロフィール
勝木 淳
競馬ライター。競馬系出版社勤務を経てフリーに。優駿エッセイ賞2016にて『築地と競馬と』でグランプリ受賞。主に競馬のWEBフリーペーパー&ブログ『ウマフリ』や競馬雑誌『優駿』(中央競馬ピーアール・センター)にて記事を執筆。


マイラーズCインフォグラフィック2ⒸSPAIA


《関連記事》
トップはキタサンブラックの18億7684万円 アーモンドアイは何位?競走馬JRA獲得賞金ランキング
GⅡでの単回収率は128% 川田将雅騎手の「買える条件、買えない条件」
上手な付き合い方のコツは?ルメール騎手の「買える、買えない条件」

おすすめの記事