「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

見どころがいっぱいの「パラリンピック馬術競技」を知ろう

2017 7/10 10:25masumi
乗馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Margo Harrison/Shutterstock.com

パラリンピックの馬術を観戦したことはあるだろうか? 「パラ馬術」には、この競技ならではの魅力がいろいろある。成り立ちを知り、ルールや見どころを知ると、観戦の楽しさは倍増す。 次のパラリンピックは2020年の東京だ。自国開催のパラリンピックで、ぜひ馬術を応援しよう。

「パラ馬術」がパラリンピック正式種目となるまで

障がいを持つ人にとっての馬術は、もともとはリハビリの方法の1つとして始まった。歴史を遡ると、古代ギリシャ時代には負傷した兵士を馬に乗せることによって治療しており、20世紀には理学療法の一環として活用されるまでになっている。この後に乗馬療法は世界中に浸透し、障がい者乗馬も広まっていったのだ。
パラスポーツとしての馬術では、一般的には馬場馬術が行われている。「パラ馬術」が正式に競技種目となったのは、1984年の「ニューヨーク・アイレスベリー大会」からだ。これはアメリカとイギリスの2か国で開催された第7回の夏季パラリンピックだった。

パラリンピック競技の「馬術」とは

パラリンピックの競技種目となっている「馬術」は、技の正確性と芸術性を競い合う競技だ。
馬術競技には2種類の種目があり、「チャンピオンシップ」ではあらかじめ決められている規定の演技が、「フリースタイル」では選手自身が選んだ楽曲に合わせた自由な演技が行われる。
出場対象になるのは、肢体不自由の選手と視覚障がいの選手だ。通常の馬具では使用や安全性に問題が生じる場合は、障がいを補助するための工夫が加えられた手綱や鞍などの使用が認められている。

おすすめの記事