「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中部地方で体操が盛んな強豪高校5選

2017 2/16 10:10
体操
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by versh/Shutterstock.com

中部地方の高校でもクラブ活動として体操が盛んです。 そこで、中部地地方の高校の中から、体操に力を入れ実績を残している強豪校を紹介します。

福井県立鯖江高校体操部は、全国大会上位を目指して活動

鯖江高等学校は、小高い山の上に位置する緑豊かな環境にあり、敷地内に芸術作品が常時展示されているなど特色ある校風です。
体操部は男女併せて30名弱の部員構成で、特に男子が強いことで知られています。2010年の沖縄インターハイ体操競技の団体で、創部50年にして初優勝を果たし、併せて個人総合優勝とダブルでタイトルを獲得しています。
また、2016年の全国高校総体でも団体で3位に入っており、今や全国屈指の強豪校といえるでしょう。鯖江高校の選手の活躍により、福井県は平成28年の国体男子体操少年の部でも3位に入賞しました。

小松大谷高校は、高校総体出場の実績もある体操の強豪校

小松大谷高等学校は石川県小松市にあり、運動部の活動に力を入れている学校です。校訓は「真心を育み、力一杯生きる人に」で、部活動のすべてで県内1の目標を掲げて活動しています。
体操部は2016年度高校総体の男子に石川県代表として出場し、並み居る強豪の中で見事予選を通過しています。また、北信越地方の高校が参加している「北信越高等学校体操競技大会」でも毎年上位に入る成績を収めており、2015年は全体で5位、石川県の高校としては最高の順位となりました。

おすすめの記事