「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

体操競技、日本男子の5つの名場面とは

2016 10/11 18:34
体操 競技
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Paolo Bona/Shutterstock.com

上級者初心者問わず、全てのスポーツには忘れられない場面があります。苦しみ抜いて勝った試合や、コテンパンにやられて負けた試合など、忘れられない場面は様々。ここでは体操競技男子における名場面を日本人選手を中心に紹介したいと思います。

僅差での敗戦、1960年ローマ・小野喬

1952年ヘルシンキ、1956年メルボルン、1960年ローマ、1964年東京と4大会連続でオリンピックに出場した小野喬は、メルボルン団体総合銀メダル、ローマ団体総合金メダル、東京団体総合金メダルと日本チームのメダル獲得に貢献しました。個人成績も素晴らしく、ヘルシンキの跳馬で銅メダル、メルボルンでは、鉄棒で金メダル、あん馬銀メダル、平行棒銅メダルと大活躍。
しかし、個人総合はソビエトのビクトル・チュカリンに次ぐ銀メダルと金メダルには後一歩届きません。満を持して臨んだローマでは、日本チームの団体優勝に貢献、個人総合への期待が膨らみました。
しかしまたしても結果は銀メダル。今回はソビエトのボリス・シャハリンに敗れました。得点差は0.05、僅差での銀メダルでした。

オリンピック日本人個人総合初優勝、1964年東京・遠藤幸雄

1956年メルボルンオリンピックで団体総合銀メダルと、世界の舞台に登場した日本男子体操は、1960年ローマで団体総合金メダルに輝きます。
しかし個人総合で期待された小野喬は、両大会ともソビエト勢に阻まれ銀メダルに終わりました。迎えた東京オリンピック個人総合決勝では、エースに成長した遠藤幸雄が着実に得点を伸ばし、最後の種目のあん馬で9.00以上を出せば金メダルが確定する(当時の採点は10.00が最高点)状況でした。
しかし、遠藤は最後のあん馬でつまずきます。重圧からかいつもの演技ができず、ソビエト勢の追い上げでもうだめかと思われました。しかし審判団の協議の結果9.10が与えられ、薄氷の個人総合優勝を飾りました。

おすすめの記事