「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もうすぐマスターズ!グリーンジャケットに触りかけた日本人選手

2018 3/9 11:31hiiragi
松山英樹
このエントリーをはてなブックマークに追加

初出場で10アンダー4位タイ、日本人選手最高記録を更新した伊澤利光

伊澤利光選手は1968年生まれの神奈川県出身、8歳の頃よりゴルフを始めた。1986年朝日杯争奪日本学生選手権、1988年関東アマチュアで優勝を飾る活躍を見せると、1989年にプロへ転向。アメリカで4年間ミニツアー修行を積んだのち、1994年から国内ツアーに参戦するものの、賞金ランキング90位と結果は残せなかった。

翌1995年には、日本オープンゴルフ選手権競技で初優勝を飾り、賞金ランキングも33位に上昇。シード権を獲得すると、1998年には11位、2000年には4位と賞金ランキングを上げ、2000年末の世界ランキングも55位まで上昇、マスターズ出場への可能性が膨らんだ。

2001年は、2月末に開催されたアメリカツアーのニッサンオープンに出場して、6人で争われたプレーオフまで残り、優勝こそ逃したが世界ランキングを上げてマスターズへの出場権を獲得した。

初出場となった2001年マスターズ初日を1アンダーの21位タイでスタートを切ると、2日目に6アンダーで回り首位に3打差の4位タイまで急浮上をし、優勝争いに加わった。ところが3日目は、ボギーが先行する苦しいゴルフとなり、スコアを2つ落として16位まで後退。この時点で首位とは7打差となり、上位進出は難しいと思われた。

しかし伊澤選手は諦めなかった。最終日は2日目同様好調なゴルフを展開してスコアを5つ伸ばし、トータル10アンダーで4位タイまで順位を上げたのだ。10アンダーも4位もこれまでの日本人最高記録だった。この年は日本ツアーでも好調で、17試合に出場して優勝に5回輝き賞金王を獲得した。

首位と2打差、本当にあと少しだった片山晋呉

片山晋呉選手は1973年生まれの茨城県出身。ゴルフを始めたのは2歳からと早く、ゴルフの名門校水城高等学校から、日本大学に進み活躍を続けた。1991年~1994年までナショナルチームに所属し、1994年に日本学生ゴルフ選手権競技で優勝を果たしたのち、1995年にプロ転向。

1997年には賞金ランキング55位でシード権を獲得し、1998年のサンコーグランドサマーチャンピオンシップで初優勝。以降毎年優勝を重ね、2008年に日本オープンゴルフ選手権で国内ツアー25勝目を飾り、7人目となる永久シードを獲得した。

この間、2000年には初の賞金王を最終戦の優勝による逆転で獲得すると、2004年~2006年にかけて3年連続賞金王に輝くなど、2008年と合わせ5回賞金王に輝いた。勿論マスターズへの出場も多く、2001年の初出場から2010年までに、9回出場している。

8回目の出場となった2009年のマスターズ。前年は、賞金王にもなり永久シードも獲得し片山選手は、一種の燃え尽き症候群に陥った。しかし、手元に届いたマスターズの招待状が片山選手の気持ちを変え、マスターズに出場できなくて悔しい思いをした自分を思い出し「マスターズで戦いたい」「戦うからには結果を残したい」そんな思いが強くなったようだ。

初日は5アンダー4位タイのスタートとなり、2日目は1オーバーだったが6位タイで決勝に進んだ。3日目は2アンダーで回り、トータル6アンダーの首位とは5打差の6位タイで最終日を迎えた。そして最終日は4アンダーのプレーで追い上げたが、2打足りずプレーオフには残れず、首位と2打差の4位という結果だった。

おすすめの記事