「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年女子プロゴルフの部門別上位にランキングされた選手

2017 12/27 16:03hiiragi
優勝カップ,ゴルフボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

最優秀選手と賞金女王の2冠達成、鈴木愛

主要3部門のうち、最優秀選手を決めるメルセデス・ランキングと賞金女王を決める年間獲得賞金の1位は鈴木愛選手が獲得した。メルセデス・ランキングとは、各大会での成績や、出場ラウンド数などをポイント化して評価するランキングで、シーズンを通しての総合的な活躍が求められる。
鈴木選手は29試合に出場して27試合で決勝に進出、トップ10には16回入り2度の優勝の結果、成績ポイントでは優勝3回のキム・ハヌル選手に及ばなかった。しかし、ラウンド数で勝り、合計ポイントで1位となり、2位はキム・ハヌル選手、3位はイ・ミニョン選手だった。

合計ポイントはそれぞれ1ポイント差のきわどい勝負になり、獲得賞金もこの3人の争いとなった。キム選手は前半だけで3勝を挙げ、賞金女王の本命かと思われたが、後半安定した鈴木選手が逆転。イ選手は常に好位置から逆転を狙ったが届かなかず、最終的にはイ選手が2位でテレサ・ルー選手が3位、キム選手は4位だった。

平均ストローク1位、元世界ランキング1位申ジエ

シーズントータルのスコア数から、1ラウンドあたりの平均スコアを算出した平均ストロークは、申ジエ選手が70.2920で1位を獲得。この数値はパー72以外のコースでもパー72として調整した値なので、出場試合による誤差のない本当の実力を表している。
成績上位者は、例年70切りを目指して挑戦するが今年も達成できなかった。

申選手は2013年までアメリカツアーを主戦場に戦い、2014年から日本ツアーに本格参戦したが、2009年アメリカツアーで賞金女王、2010年には世界ランキングで1位まで上り詰めた。
2017年は、シーズン初め体調不良で欠場試合が数試合あり、24試合しか出場できなかったが、トップ10には13回入り、8月のニトリレディスゴルフトーナメントと11月の大王製紙エリエールレディスオープンに優勝して、賞金ランキングは5位だった。
平均ストローク2位はテレサ・ルー選手、3位はイ・ミニョン選手と外国人選手が占め、日本人1位は総合4位の鈴木愛選手だった。

おすすめの記事