「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トッププロも在籍、全国のゴルフ強豪高校をピックアップ

2017 10/13 10:05hiiragi
ゴルフ スクール
このエントリーをはてなブックマークに追加

松山英樹選手、横峯さくら選手を輩出、明徳義塾高等学校

1976年設立の明徳義塾高等学校は、高知県にある私立高校だ。一人一人の個性を磨き、能力を高める教育方針で、希望に応じて選べる4つのコースが準備されている。クラブ活動も活発で、特に相撲部は全国的にも有名だ。卒業生には、元横綱朝青龍明徳氏や元大関琴奨菊和弘関がいる。

ゴルフ部は、1994年第15回全国高等学校ゴルフ選手権に男子が優勝、女子は2002年国民体育大会で団体優勝に輝いた。
それまで関東や関西の高校に独占されいた優勝を、初めて地方校の男子が成し遂げたため、特に価値ある初優勝となった。
女子は、地元高知県で行われた第57回国民体育大会の少年女子団体で優勝している。この年は全国高等学校ゴルフ選手権で7位という結果だったが、前年の2001年第22回大会では、1年生の横峯さくら選手を擁し3位、翌年の2003年24回大会でも3位に入っている。

2007年に松山英樹選手が入学するが、団体戦では結果を残せなかった。松山選手は、団体戦を一人の力で上位入賞するのは難しいが、個人戦では2007年4位タイ、2008年は優勝に輝いている。
2017年、男子は四国予選で3位、女子は4位になり、どちらも全国大会出場とはならなかった。

2017年全国高等学校ゴルフ選手権男子1位校と2位校

2017年第38回全国高等学校ゴルフ選手権大会男子団体戦を制したのは、香川県さぬき市の藤井学園寒川高等学校だった。
1974年設立の寒川高等学校は、私立高校だ。ゴルフ部は1999年より活動開始しており、2007年には全国高等学校ゴルフ選手権大会に初出場し、6位に入っている。2013年4位、2016年7位と好位置をキープし、2017年には初優勝を果たした。女子ゴルフ部からは、堀奈津佳選手が卒業している。

2位は日本ウェルネス高等学校だった。日本ウェルネス高等学校は、全日制高校に通っていない生徒が高校卒業資格を取得できる学校で、全国にキャンバスを展開しており、スポーツや各種専門活動に打ち込める。
ゴルフは卒業後も業界で活躍できるスポーツであるため、その人材育成として2014年にゴルフ部が創部された。創部1年目の2014年に、全国高等学校ゴルフ選手権大会男子団体で10位に入ると、2015年2位、2016年4位と上位に顔を出している。
女子ゴルフ部は2015年、2016年は2位だったが、2017年は20位と今一つの結果だった。

おすすめの記事