「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トッププロも在籍、全国のゴルフ強豪高校をピックアップ

2017 10/13 10:05hiiragi
ゴルフ スクール
このエントリーをはてなブックマークに追加

宮里藍選手の母校、東北高等学校

東北高等学校は1894年(明治27年)仙台市に「私立東京数学院宮城分院」として創設された。その後学制改革による統廃合などを経て1960年東北高等学校として現在に至る。
部活動は活発で全国クラスの運動部も多く、大リーグのダルビッシュ有選手やフィギュアスケートの荒川静香選手を輩出している。

ゴルフ部は男女とも全国高等学校ゴルフ選手権の常連校だが、特に女子の実績は素晴らしい。2001年宮里藍選手と和田委世子選手が入学すると前年の9位から2位に躍進、2003年第24回大会では3年生に宮里藍選手、和田委世子選手、1年生に有村智恵選手、原江里菜選手の布陣で初優勝を挙げた。

以降、2004年には菊地絵理香選手、2005年には森桜子選手、木戸愛選手などの新戦力も入学し、2007年第28回大会まで5連勝を飾った。その間に男子も、優勝こそ叶わなかったものの、25回、27回大会で2位に入る頑張りを見せた。その後、男子は2014年に初優勝を遂げたが、2016年に25位、2017年26位というように思うような成績は出せていない。
女子は2009年に6度目の優勝を飾ったが、2016年は14位、2017年は13位と苦しい戦いが続いている。

渡邉彩香選手、今平周吾選手を輩出、埼玉栄高等学校

1972年設立の埼玉栄高等学校は、埼玉県さいたま市の私立高校だ。「文武技芸」の4道を目指し、生徒には部活動を推奨している。そのため、相撲部、男子バトミントン部、女子硬式野球部、女子柔道部など全国制覇回数トップクラスのクラブも多い。

ゴルフ部はこれまでに、全国高等学校ゴルフ選手権で男子が2回、女子が3回と全国制覇を成し遂げている。

女子は1989年第10回大会で、後にプロゴルファーになる小久保由美選手、能登亜希選手を擁して全国初制覇している。その後、2011年に2度目、2012年に3度目と連覇している。
2011年32回大会では、3年生に渡邉彩香選手、辻梨恵選手、2年生に江澤亜弥選手、1年生に保坂真由選手という豪華な布陣で、2日目に8打差を逆転して優勝を飾っている。

男子は、2008年に初優勝を果たし、2013年には2回目の優勝を手にしている。
初優勝した2008年の第29回大会では、3年生に大塚智之選手、塩見好輝選手、2年生に小林克也選手、1年生に今平周吾選手を擁し、2日目に11アンダーをマークし、連続29度目の出場で初優勝を飾ったのだ。
特に大塚智之選手は9バーディを奪い、ボギーなしの63ストロークと、高校生徒とは思えないようなプレーで優勝の原動力となった。
2017年大会では男子が9位、女子は6位で大会を終えている。

おすすめの記事