「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロテスト失敗からのスタート、女子プロゴルファー成田美寿々

2017 10/13 10:05hiiragi
ゴルフ 女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロテストに失敗するもQTでは成功

成田美寿々選手は1992年生まれ千葉県出身のプロゴルファー。12歳の頃よりクラブを握り、ジュニア時代には関東地区を中心に活躍した。

・2010年千葉県ジュニアゴルフ選手権優勝。
・2010年関東ジュニアゴルフ選手権優勝。
・2010年東日本女子パブリックアマチュアゴルフ選手権優勝。

高校を卒業すると日本体育大学に入学したがプロゴルファーを目指し、2011年プロテストを受験した。113名が受験したプロテストでは最終日まで進んだが、上位20位タイまでには入れず合格はできなかった。しかし、プロへの道は諦めない。8月末から行われるQT(クオリファイングトーナメント)に望みを託した。

実績のない成田選手は1次から受験、2次、3次と勝ち上がり、ファイナルQTを26位で通過した。これで2012年のほぼ全試合の出場権を獲得すると、TPD単年登録を行いツアーへの出場資格を獲得、プロゴルファーへの道を歩き始める。

プロテストには失敗したが、2012年シーズンのほぼ全試合の出場権を引っ提げてのプロ転向だった。この年のプロ合格者でQT40位以内に入り2012年出場順位上位に入ったのは、豊永志帆選手、O.サタヤ選手、斉藤愛璃選手、香妻琴乃選手の4名だけだった。

初優勝とシード権獲得

プロ初年度となった2012年シーズンは、開幕戦のダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントから出場したが、17試合終了時点で予選落ちが7試合と、あまりいい成績は残せなかった。それでも後半戦は予選落ちも少なくなり、10月に行われた第29戦富士通レディースを迎える。

初日は1アンダーの17位タイとまずまずの位置だが首位とは6打の差があった。2日目は3アンダーで回り、トータル4アンダーで首位とは5打差の8位タイまで順位を上げた。
首位は9アンダーの穴井詩選手、まだ勝利はないがドライバーの飛距離を武器にたびたび優勝争いにも顔を出し、初優勝は時間の問題と言われていた。

最終日は雨が降ったり止んだりの天候となり、上位陣のスコアが伸びない。首位の穴井選手は前半1アンダーで差を広げたが、後半3ボギーでスコアを落とす。そんな中前半2バーディ、後半3バーディと着実にスコアを伸ばした成田選手が逆転で優勝に輝いた。後半途中自分の順位を確認する余裕があったそうで、初優勝とは思えない落ち着いたプレーで手繰り寄せた優勝だった。
2012年は34試合に出場、賞金ランキングも27位に着けて初優勝と共にシード権も獲得した。

おすすめの記事