「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

シメトラツアーで武者修行、TPD単年登録女子プロゴルファー森田遥

2017 10/13 10:05hiiragi
女子ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

華麗なるアマチュア時代の実績

森田遥選手は1996年生まれ香川県出身のプロゴルファー。ゴルフとの出会いは9歳の時、父親に連れられてゴルフ練習場に行ったのがきっかけだった。その父親も母親も中国から来日した元卓球選手、アスリートのDNAを受け継いでいる。

アマチュア時代の実績は素晴らしい。

・2010年中学2年で日本女子オープンゴルフ選手権競技へ出場。
・2011年四国女子アマチュアゴルフ選手権優勝。
・2011年トップアマチュアゴルフトーナメント優勝。
・2012年全国中学校ゴルフ選手権春季大会優勝。
・2013年日本女子アマチュアゴルフ選手権競技優勝。

2013年、2014年はナショナルチームにも選出され活躍した。
2013年長野県の軽井沢72ゴルフ入山コースで行われた日・韓・台対抗戦ネイバーズトロフィーチーム選手権に柏原明日架選手・堀琴音選手・松原由美選手とともに出場、チームでは優勝個人では2位に入った。

2015年高校を卒業するが、日本女子プロゴルフ協会のプロゴルフテストは受けていない。アメリカの女子プロゴルフトーナメント下部ツアー「シメトラツアー」への出場を選択したのだ。

プロゴルフテスタは受けずに「シメトラツアー」への出場を選択

森田選手はアメリカツアーの2015年シーズンを目指して、2014年に行われたQT(クォリファイングトーナメント)を受験している。
ファイナルステージで5ラウンドを戦い、20位までに入ればレギュラーツアーの出場権が得られ、45位までに入れば条件付き出場権が与えられるのだが、4ラウンド終了時点でカットされ5ラウンド目には進めなかった。それでも「シメトラツアー」への出場権は手に入れ、参戦を決意した。

森田選手がアメリカツアーを選んだ理由の一つに、日本のプロゴルフテスト受験資格の年齢制限がある。プロテスト受験年の4月1日時点で満18歳になっていないと、7月末に行われるプロテストは受けることができない。
ほとんどの場合高校を卒業して3か月間はアマチュアのままなのだ。これに対してアメリカのQTは翌年の1月1日に18歳になっていれば受けられる。

高校卒業前の2015年1月にプロ転向を表明し、2月から始まるシメトラツアーシーズン初戦ゲートウェイ・クラッシックに出場のためアメリカに向かった。アメリカでの転戦費用の一部はクラウドファンディングで支援者を募り調達した。2015年シメトラツアーでは22試合に出場、賞金ランキングは11位だった。

おすすめの記事