「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ゴルフ史に刻んだ起死回生のアンプレヤブル!2017年全英オープン

2017 9/13 14:03hiiragi
ジョーダン・スピース選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

実力者ぞろいの出場で期待を持たせた日本人選手

2017年全英オープンゴルフは、7月20日~7月23日の4日間イングランドの ロイヤルバークデール・ゴルフクラブで行われた。10回目の開催となるこのコースは、前回2008年大会の優勝スコアが3オーバー、その前の1998年大会の優勝スコアはイーブンパーと、全英でも屈指の難コースだ。

日本人選手は、世界ランキング2位の松山英樹選手を筆頭に、欧州ツアーで結果を残している谷原秀人選手、2016年賞金王池田勇太選手、2017年賞金ランキングトップを走る宮里優作選手の4名が出場した。日本人ゴルファーベスト4とも言えるような豪華な顔ぶれで、上位進出を期待させた。特に松山選手は、6月に行われた全米オープンで2位タイに入る活躍を見せ、日本人初のメジャー制覇への可能性も高い。

外国人選手では全米オープンでは予選落ちを喫し、直近2試合でも予選落ちと元気のないロリー・マキロイ選手、2016年マスターズの逆転負け以降メジャーで成績を残せていないジョーダン・スピース選手、全米オープンではまさかの予選落ちに終わった世界ランキング1位ダスティン・ジョンソン選手、そして全米オープンで優勝して勢いのあるブルックス・ケプカ選手などに注目が集まった。

イングランドの風に負けた日本人選手、予選通過は松山選手1人だけ

比較的穏やかな1日となった大会初日、松山選手は午前のスタートで、残りの日本人選手は午後のスタートだった。松山選手は1番ホールをバーディで発進すると2アンダーの12位タイとまずまずのスタートが切れた。池田選手は1オーバーの58位タイ、宮里選手イーブンパーの40位タイで1日目を通過した。谷原選手は出だし1番2番と連続ボギーで発進するといいところがなく7オーバー142位タイと出遅れてしまった。

2日目は気象条件が一変し、風速10mを超える風に雨が混じって選手に襲い掛かる。そんな中スタートした池田選手は、2日目だけで9オーバーのトータル10オーバー、宮里選手は12オーバー、谷原選手も12オーバーで予選で姿を消した。午後スタートとなった松山選手は、アウト2バーディ1ボギー、イン2バーディ3ボギー1ダブルボギーの2オーバーとスコアを落としたものの、トータルイーブンパーの10位タイで決勝にコマを進めた。

予選ラウンドを終わって、首位はジョーダン・スピース選手の6アンダー、2位が4アンダーのマット・クーチャー選手、ブルックス・ケプカ選手は3アンダーで、イアン・ポールター選手と並び3位タイだった。予選カットラインは5オーバーまで下がり、61タイまでの77名が決勝に進んだ。

おすすめの記事