「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

石川遼、松山英樹を撃破!ただいま売り出し中、プロゴルファー今平周吾

2017 9/13 14:03hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

石川遼、松山英樹を撃破したジュニア時代

今平周吾選手は1992年生まれ埼玉県出身のプロゴルファー。8歳の頃からクラブを握り、ジュニア大会でも活躍した。石川遼選手、松山英樹選手の1年後輩にあたり、同じ大会でよく競い合った。

・中学2年生で出場した2006年度関東ジュニアゴルフ選手権では、男子12歳~14歳の部で当時中学3年生だった石川遼選手に競り勝ち優勝、2007年にも優勝を飾り連覇を果たした。
・2008年になると、埼玉県ゴルフ選手権、関東中学生ゴルフ選手権に優勝、8月に行われた日本ジュニアゴルフ選手権競技男子15歳~17歳の部で松山英樹選手を抑えて優勝を果たし、その年の日本オープンへの出場切符を手に入れた。
・2009年にはアメリカに渡り、スポーツ寄宿学校として有名なIMGアカデミーに留学、2009年全米ジュニアゴルフ選手権に出場してベスト8に残る活躍を見せた。

2年間のアメリカでの武者修行を経て2011年に帰国、11月に行われたプロゴルフトーナメント三井住友VISA太平洋マスターズでは、ローアマチュアは優勝した松山英樹選手に譲ったが、堂々の25位に入り武者修行の成果を見せつけた。その後、12月にツアープレーヤーに転向、プロゴルファーの道を歩き始めた。

下積み時代を経てチャレンジツアーで優勝

2012年シーズンの出場権をかけたQT(クォリファイングトーナメント)ではいい結果は残せず、プロ1年目となった2012年はレギュラーツアーへの出場はかなわなかった。チャレンジツアー12試合に出場したが、5位タイが最高順位でこれといった成績は残せず、賞金ランキングは30位でシーズンを終えた。

2013年になるとレギュラーツアー7試合、チャレンジツアー11試合に出場、それぞれの賞金ランキングはレギュラーツアー141位、チャレンジツアー82位の成績だった。その間QTも受験するが、上位には入れない。そんな中迎えた2014年シーズンは、QT順位は51番目でレギュラーツアーには3試合しか出場できず、賞金ランキングも106位に終わったが、チャレンジツアーでは16試合に出場、予選通過14試合、うち優勝2回に輝き賞金ランキング1位を獲得した。

チャレンジツアー賞金ランキング上位者には来季レギュラーツアーへの出場権が与えられるが、期間限定の条件付き出場権になる。しかし1位の者に限っては翌年1年間の出場資格が与えられるのだ。こうして、翌2015年レギュラーツアーへの出場資格を獲得した。

おすすめの記事