「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サラブレッドゴルファーは世界に羽ばたけるのか!川岸史果

2017 9/13 14:03hiiragi
ゴルフ
このエントリーをはてなブックマークに追加

女子プロゴルフテストに3回失敗 苦労人、川岸史果選手

川岸史果選手は1994年生まれ、神奈川県出身の女子プロゴルファー。父親はプロゴルファー川岸良兼氏、母親はやはりプロゴルファーだった喜多麻子さん。クラブを握ったのが10歳の頃だというからそれほど早くはないが、中学生になると才能が開花する。

・2007年関東中学校ゴルフ選手権春季大会優勝。
・2009年全国中学校ゴルフ選手権夏季大会優勝。
・2011年全国高等学校ゴルフ選手権大会優勝。

この間2010年にはナショナルチームにも選ばれ、世界ジュニアゴルフ選手権女子15~17歳の部で8位タイに入る活躍を見せた。

2013年高校を卒業するとプロゴルフテストを受験する。プロテストの合格は上位20位タイまでに与えられるが、2打届かず不合格に終わった。一方2014年の出場権をかけて行われた2013年暮れのQT(クォリファイングトーナメント)でもセカンドQTで地区51位となり、45位までに与えられたサードQTまで進めなかった。

プロテストには失敗、QTも失敗と八方ふさがりの中、それでもQT終了後にはプロ宣言を行い、女子プロゴルファーとしてスタートを切った。結局プロゴルフ合格までには丸3年を要し、2016年4回目の受験で晴れて日本女子プロゴルフ協会会員となる。

4回目のプロテストで起死回生の最終日7アンダー

2014年は少し微妙な立場となった。プロ宣言をしたものの、プロテストの失敗で日本女子プロゴルフ協会の会員にはなれない。TPD単年登録をすれば1年間のツアー出場資格が与えられるが、サードQT進出者でないと登録できない。女子プロゴルフツアーに出場する方法がないのだ。結局2014年はプロゴルフトーナメントには1試合も出場できなかった。

2014年のQTでは何とかサードQTまで残ってTPD単年登録による出場資格を手に入れた。2015年はレギュラーツアー4試合に出場して、3試合で予選落ち、ステップ・アップ・ツアーは5試合に出場して4試合に予選落ちといい結果は残せていない。2015年のQTではまたもセカンドQT止まりに終わり、2016年のプロゴルフテストにすべてをかけることになる。

4回目の挑戦となった2016年プロゴルフ最終テストは、3ラウンドを終わって4オーバー37位タイにつけていた。合格圏内の20位以内はイーブンパー。最終日を迎えて4打のビハインドは厳しい。しかし最終日は7アンダーで回り、トータル3アンダー堂々の7位タイで念願のプロテスト合格を果たした。2016年はレギュラーツアー3試合に出場、予選落ち1回、残りの2試合は16位タイと26位タイだった。

おすすめの記事