「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

初優勝も間近、実力派若手女子プロゴルファー堀琴音

2017 9/13 14:03hiiragi
堀琴音選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュアで活躍プロの道へ

堀琴音選手は1996年生まれ、徳島県出身の女子プロゴルファー。父親の勧めでクラブを握ったのは7歳の頃、特に早いという訳ではないが、小学生の頃より全国レベルの大会に数多く出場、活躍を見せた。

・2010年四国ジュニアゴルフ選手権女子12~14歳の部で優勝。
・2011年関西ジュニアゴルフ選手権で優勝。
・2011年第66回国民体育大会優勝。
・2013年日本ジュニアゴルフ選手権競技女子15歳~17歳の部で優勝。

特に2013年の日本ジュニアゴルフ選手権競技は3日間とも60台で回り、13アンダーと2位に7打差をつけるぶっちぎりの優勝だった。
また、2012年前期から連続4期ナショナルチームの1員となり、2012年世界女子アマチュアゴルフチーム選手権個人8位タイ。
2013年ネイバーズトロフィーチーム選手権女子個人5位タイに入るなど海外での試合経験も豊富だ。

2014年はプロテスト受験前にステップ・アップ・ツアーのABCレディースに出場、優勝を果たしている。
2014年プロテストを受験3位で合格を果たし、86期生としてプロゴルファーの道を歩き始めた。

プロ1年目ステップ・アップ・ツアーで優勝

2014年プロ初戦はmeijiカップだったが予選落ちに終わり、続くNEC軽井沢72ゴルフトーナメントも決勝に進むことはできなかった。実は、2014年はプロテスト前にレギュラーツアー6試合に出場して4試合で予選通過、うち3試合はベスト10に入っている。プロになって初めて臨んだ試合で意識したのだろうか、想定外の連続予選落ちだった。

3試合目となった日本女子オープンゴルフ選手権競技へは、予選を勝ち抜いて出場権を手に入れた。初日67位タイスタートで3試合連続予選落ちかと思われたが、2日目よく立て直し、26位タイで予選を通過、最終的には16位タイまで順位を上げた。これで楽になったのか、続くスタンレーレディスで20位タイに入ると、ステップ・アップ・ツアー最終戦京都レディースオープンで優勝を飾り、2014年2試合、2015年開幕戦から2試合の計4試合のレギュラーツアーへの出場権を手に入れる。

結局2014年はプロとしてレギュラーツアー6試合に出場、4試合で決勝まで進み賞金獲得額は389万7千円で96位だった。そして2015年の出場権をかけたQT(クォリファイングトーナメント)を受験する。

おすすめの記事