「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

こんな場合どうする?分かりにくい処理の方法とゴルフルール変更案

2017 8/25 10:07hiiragi
ゴルフ 旗竿
このエントリーをはてなブックマークに追加

同伴者が使ったクラブを知りたい時どこまで許される

ルールブックでは、正規のラウンド中のアドバイスは禁じられている。アドバイスとは同伴競技者のプレーに対する判断や、使用クラブ、ボールの打ち方に影響を与えるような助言や示唆のことだ。アドバイスは要求しても与えてもいけない。

ただし、「周知の事実」はアドバイスに該当しない。コースの地形や池やバンカーのある場所、グリーンまでの距離は「周知の事実」であるので聞いてもいいし、教えてあげても問題ない。「グリーン手前には左側に池がある」はセーフだが、「グリーン手前には左側に池があるから右に打った方がいい」はアドバイスとみなさる。

ショートホールで同伴者がナイスオン。何番で打ったか気になるところだ。何番で打ったか聞けばアドバイスを求めたことになるし、教えてもアドバイスを与えたことになる。では同伴者のキャディバックの中を覗いて、何番を使っているか確認する行為はどうか。これは問題ない。目で見える情報はアドバイスとはならないからである。

ただし、タオルや脱いだ上着がキャディバッグの上にかかっている場合、これをどけて確認することまでは許されていない。エチケットの面からも、さりげなく見える範囲にとどめておくのが無難であろう。

OBの境界杭とウォーターハザードの境界杭の違い

OBやウォーターハザードの境界には杭がよく使われる。OBを示す杭は白色、ウォーターハザードを示す杭は黄色、ラテラルウォーターハザードを示す杭は赤色で識別される。コース内に白杭があればOB区域があると思って注意をした方がいい。

ボールが「白杭エリア」に飛んだときは、ボールを挟んだ2本の白杭のコース側面を結んだ線上にボールがかかっているかどうかで判断する。ボール全てがOB側に出ていればOBだし、少しでもかかっていればOBではない。OBなら1打罰で元の位置から打ち直し、OBでなければOB区域にスタンスをとってもいいからそのままボールを打てばいい。ただし、OB杭そのものは固定物として扱われるので動かすことはできない。

ウォーターハザード(黄色)やラテラルウォーターハザード(赤色)も外側の面を結んだ線で判断する。こちらは少しでも線上にボールが触れていればウォーターハザード内のボールとなる。打てるようならそのまま打ってもいいし、杭が邪魔なら抜いてもいい。杭は障害物として扱われる。

打てないと判断すれば、1打罰で元の位置から打ち直すか、ボールが横切った地点とホールを結ぶ延長後方線上からストロークする。ラテラルウォーターハザード(赤色)なら、ボールが横切った地点から、2クラブレングス以内でホールに近づかないエリアからストロークしても構わない。

おすすめの記事