「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

韓国からの刺客「セクシー・クイーン」アン・シネ選手日本上陸

2017 8/3 12:07hiiragi
ゴルフ,女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

「スマイルクイーン」に続く第2の「クイーン」

2017年日本女子プロゴルフツアーのメジャー初戦、ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップはかってない盛り上がりを見せた。大会期間は5月4日~5月7日までの4日間。ゴールデンウィークの後半で晴天に恵まれたせいもあるが、会場となった茨城ゴルフ倶楽部西コースには、4日間で4万人を超すギャラーリーが詰めかけた。
この試合には、2年ぶり出場となった宮里藍選手や、前年優勝者で直前のUSLPGAメジャー初戦ANAインスピレーションで悲劇の2位に終わったレキシー・トンプソン選手らが出場して人気を集めた。そしてもう1人、この2人の実力選手に並んで、ギャラリーの注目を集めた選手が居た。
韓国ツアーから日本ツアーに初参戦となった、アン・シネ選手だ。 アン・シネ選手は1990年生まれの韓国人。2009年韓国女子ツアーでプロデビューを果たしたプロゴルファーだが、165cmのスラリとしたスタイルと、ミニスカートにこだわった斬新なファッションで「セクシークイーン」と呼ばれている。
「スマイルクイーン」のキム・ハヌル選手に続いての「クイーン」の日本登場に、マスコミも報道で盛り上げ、一目見ようと会場にも多くのファンが足を運んだ。

クォリファイングトーナメント45位で日本ツアーへ

アン・シネ選手が、日本女子プロゴルフツアーの2017年シーズンに参戦する意思があることは、2016年8月の時点で分かっていた。2017年のツアー出場優先順位を決めるQT(クォリファイングトーナメント)を受験したからだ。
QTは例年8月~12月にかけて、ファーストQT、セカンドQT、サードQT、ファイナルQTと行われ、ファイナルQTの成績順位が翌シーズンの出場優先順位になる。QTそれぞれのステージには免除規定がある。しかし、日本で実績のないアン・シネ選手はファーストQTから出場して勝ち上がり、ファイナルQTで上位につける必要があった。
ファーストQTでは約300人中66名がセカンドQTに勝ち進んだ。セカンドQTでは2016年までにプロテストに合格した日本女子プロゴルフ協会会員と一定基準を満たした登録者が加わる。367名で行われたセカンドQTでは、169名がサードQTに駒を進めた。サードQTは、2016年度ステップ・アップ・ツアー優勝者と「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」終了時点の賞金ランキング上位70名が加わり、フィールドは厳しくなる。サードQT通過者は92名。
ファイナルQTでは、2016年シード選手、2016年賞金ランキングでシードを逃がした51位~55位までの選手が加わり、4日間72ホールで行われた。アン・シネ選手は102名中45位の成績で、QTを通過した。

おすすめの記事