「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ミスが一転見せ場に変わる、リカバリーショットの上手なプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
石川遼選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Chatchai Somwat/Shutterstock.com

ゴルフの1ラウンドは18ホールの長丁場、いいショットも出ればミスショットも必ず出るものだ。ミスショットが出た時の対処をどうするかで、スコアは大きく変わってくる。ここではミスに対するリカバリーショットの概要や、コツ、対応が上手なプロゴルファーを紹介する。

リカバリーの順を追って考える

ミスショットしたボールがどこで止まるか、ゴルフには運、不運がつきものだ。深いラフに入った場合、林の中に入った場合、コースサイドのがけ下に落ちた場合、ボールがどこに止まっても、手順を追って脱出方法を考える。
グリーンは狙えるか、グリーン方向は狙えるか、次打でグリーンが狙える場所に出せるかの順に考えて、どれもダメなら、アンプレヤブルを宣言して、打てる場所にボールを動かす。一番してはいけないのは、無理をしてどんどん傷口を広げることだ。

トラブルに合わせた脱出方法で

深いラフに入った場合は、芝の強さとの相談だ。冬の芝と夏の芝では強さが全然違う。もちろん芝の種類や、芝目の方向などでも違ってくる。近くの芝で素振りをして芝の強さを確かめてほしい。
基本、ロフトの立ったクラブは芝の抵抗を受けやすくなるので、1クラブ落とした方が振り抜き易くなる。林の中では、一番広い脱出口を探す。ボールをまっすぐ打って左右のコントロールはできても、上下のコントロールは難しいものだ。あまり距離は欲張らず、パンチ気味に打てば張り出した枝にも対処できる。

おすすめの記事