「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ミスが一転見せ場に変わる、リカバリーショットの上手なプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
石川遼選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Chatchai Somwat/Shutterstock.com

ゴルフの1ラウンドは18ホールの長丁場、いいショットも出ればミスショットも必ず出るものだ。ミスショットが出た時の対処をどうするかで、スコアは大きく変わってくる。ここではミスに対するリカバリーショットの概要や、コツ、対応が上手なプロゴルファーを紹介する。

リカバリーの順を追って考える

ミスショットしたボールがどこで止まるか、ゴルフには運、不運がつきものだ。深いラフに入った場合、林の中に入った場合、コースサイドのがけ下に落ちた場合、ボールがどこに止まっても、手順を追って脱出方法を考える。
グリーンは狙えるか、グリーン方向は狙えるか、次打でグリーンが狙える場所に出せるかの順に考えて、どれもダメなら、アンプレヤブルを宣言して、打てる場所にボールを動かす。一番してはいけないのは、無理をしてどんどん傷口を広げることだ。

トラブルに合わせた脱出方法で

深いラフに入った場合は、芝の強さとの相談だ。冬の芝と夏の芝では強さが全然違う。もちろん芝の種類や、芝目の方向などでも違ってくる。近くの芝で素振りをして芝の強さを確かめてほしい。
基本、ロフトの立ったクラブは芝の抵抗を受けやすくなるので、1クラブ落とした方が振り抜き易くなる。林の中では、一番広い脱出口を探す。ボールをまっすぐ打って左右のコントロールはできても、上下のコントロールは難しいものだ。あまり距離は欲張らず、パンチ気味に打てば張り出した枝にも対処できる。

どこからでも狙う、リカバリーショットNO.1フィル・ミケルソン選手

フィル・ミケルソン選手は1992年のプロ転向以降、世界最強のレフティーとして、PGAツアーで42勝、メジャーでは5勝を挙げ、賞金獲得額は歴代2位を誇る。世界ランキングでは1位についたことはないが、2012年世界ゴルフ殿堂入りを果たしている。
プレースタイルはアグレッシブの一言で、どんなピンチからでも、可能性があればグリーンを狙ていくゴルフだ。2008年クラウンプラザインビテーショナル最終日18番ホール、ティーショットを林の中に入れ、枝の空間を抜いたショットが見事グリーンオン、バーディを決めて優勝を手に入れた。

木の上からナイスショット、セルヒオ・ガルシア選手

セルヒオ・ガルシア選手はスペイン出身のプロゴルファーだ。1999年プロ転向をすると、すぐに全米プロゴルフ選手権では、当時の王者だったタイガー・ウッズと優勝争いをして、ライバル視された。
メジャー優勝も世界ランキング1位の経験もないが、ヨーロッパツアーでは12勝、PGAツアーでは8勝を挙げるトッププレーヤーだ。2013年アーノルド・パーマーインビテーショナル6番ホールでは、カート道路外の大きな木の上によじ登って、木の上に止まったボールを打ってフェアウェイに戻した。

プロ初優勝を手繰り寄せた会心のウォーターショット、石川遼選手

石川遼選手は、2007年に高校1年生でプロのトーナメントに優勝すると、2008年にはプロ転向を宣言し、同じ年のマイナビABC チャンピオンシップでプロ初優勝を果たしている。
その試合の最終日18番ロングホールに首位で臨んだ石川選手は、緊張のためかティーショットをラフに入れ、2オンを狙ったアイアンショットは距離が足りず池に落ちてしまった。丁度ボールが浸るぐらいの深さの中、石川選手は直接打つことを選択、会心のウォーターショットでピン横3mにつけ、楽々パーとしてホールアウト、プロ初優勝を飾った。値千金のリカバリーショットだった。

まとめ

リカバリーショットの概要や対処の方法などを、上手なプロゴルファーと共に紹介した。何でもかんでも狙うのも考え物だが、全てが安全策でもつまらないゴルフになる。自分の腕と相談して、狙うか刻むか決めるようにしよう。今回だめでも次回は成功すれば良い。

関連記事

おすすめの記事