「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

華麗、スピンショットが上手いプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
松山英樹選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by L.E.MORMILE/Shutterstock.com

カップをオーバーしたと思ったボールが、バックスピンで戻ってピンそばにつく光景は、プロゴルフトーナメントのテレビ中継でよく見かける。ここまででなくてもスピンの効いたショットを打ってみたい。ここではスピンショットの概要やコツ、上手なプロゴルフ選手を紹介する。

クラブを振る方向とクラブのフェースの向きが大切

スピンはボールの回転運動だ。ボールとクラブフェースの摩擦によって起こるが、スピンの向きはクラブフェースの向きとクラブ進行方向のズレによって起こる。フェースを目標に向けてクラブを真っ直ぐ振れば左右のスピンはかからず、バックスピンだけがかかる。
どちらかがずれていれば、左右のスピンがかかりフックボールやスライスボールが出る。意識的にスピンをかけるスピンショットでは、クラブフェースの向きとクラブを振る方向、クラブのヘッドスピード、フェースとボールの接触時間などが重要になる。

鋭角に打ち込めばスピン量は上がる

特に意識したショットでなくても、バックスピンはかかっている。ボールがグリーンに落ちてピタッと止まる、行き過ぎたボールが戻ってくるなどの現象は、グリーンの柔らかさや、傾きによっても違ってくるが、スピン量によっても違ってくる。
同じスイング軌道でボールを打てば、ロフトのあるクラブの方が、スピン量は多くなり、同じロフトのクラブだと、より鋭角に打ち込んだ方がスピン量は多くなる。これはクラブの進行方向とフェースの向きの差が大きくなるためだ。また、ヘッドスピードが大きい方がスピン量は多くなる。

池の中のショートホールを攻め抜いたリッキー・ファウラー選手

リッキー・ファウラー選手は、2009年にプロ入りを表明した、アメリカのプロゴルファーだ。母方の祖父が日系2世で、ミドルネームにユタカの名前がついていることがメディアで紹介された。
アグレッシブなゴルフを展開するプレーヤーで、どんな狭い場所でも、ピンを狙ったショットを打っていく。2015年ザ・プレーヤーズ選手権では、池の中に作られた17番ショートホールを果敢に攻めて、見事プレーオフを制した。このホールは池のすぐ近くにカップが切られていて、スピンの効いたよく止まるボールでないと、攻めることができないホールだ。ファウラー選手は正規のラウンドで3個、プレーオフで2個のバーディを奪った。

バックスピンで決めた見事なバーディ、ローリー・マキロイ選手

ローリー・マキロイ選手は、2007年プロゴルファーに転向後、ヨーロッパツアーとPGAツアーで大活躍を続け、PGAツアー13勝、メジャーでも4勝を挙げ、世界ランキングでも1位の座を極めたトッププレーヤーだ。2015-16年シーズンではPGAツアーの年間王者に輝いた。
そんなマキロイ選手の持ち味は、鍛えられた体から放たれるビックドライバーショットと、ショートアイアンの強烈なバックスピンだ。まれにかかりすぎてグリーンからこぼれることもあるが、2015-16年初戦フライズ・ドットコム・オープンで決めたバックスピンからのバーディは見事だった。

バックスピンで決めたイーグル、松山英樹選手

松山英樹選手は2013年にプロ転向をすると、プロ2戦目のつるやオープンゴルフトーナメントで初優勝を飾るなど、プロ1年目にして4勝を挙げ、賞金王に輝く。海外でも全米オープンで10位、全英オープンで6位と好成績を収め、2014年からPGAツアーに本格参戦した。
以降PGAツアーでは4勝を挙げ、自他ともに認める実力派選手で、誰もがメジャー制覇を待ち望んでいる。2016年全米プロゴルフ選手権では5打差ながら4位タイと健闘した。その試合の2日目ウェッジで放った第2打は、ピンを5mもオーバーしたが、バックスピンで戻りカップイン。イーグルで上位進出のきっかけになった。

まとめ

スピンの概要やメカニズムと共に、スピンショットの上手なプロゴルファーを紹介した。プロのバックスピンでピンそばに戻るショットはあこがれの的だが、戻りすぎて失敗することもあるようだ。アマチュアプレーヤーは、ボールが止まってくれれば上出来ぐらいに思ってスピンを意識すれば、ピンに絡むショットが打てるかもしれない。

関連記事

おすすめの記事