「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

華麗、スピンショットが上手いプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
松山英樹選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by L.E.MORMILE/Shutterstock.com

カップをオーバーしたと思ったボールが、バックスピンで戻ってピンそばにつく光景は、プロゴルフトーナメントのテレビ中継でよく見かける。ここまででなくてもスピンの効いたショットを打ってみたい。ここではスピンショットの概要やコツ、上手なプロゴルフ選手を紹介する。

クラブを振る方向とクラブのフェースの向きが大切

スピンはボールの回転運動だ。ボールとクラブフェースの摩擦によって起こるが、スピンの向きはクラブフェースの向きとクラブ進行方向のズレによって起こる。フェースを目標に向けてクラブを真っ直ぐ振れば左右のスピンはかからず、バックスピンだけがかかる。
どちらかがずれていれば、左右のスピンがかかりフックボールやスライスボールが出る。意識的にスピンをかけるスピンショットでは、クラブフェースの向きとクラブを振る方向、クラブのヘッドスピード、フェースとボールの接触時間などが重要になる。

鋭角に打ち込めばスピン量は上がる

特に意識したショットでなくても、バックスピンはかかっている。ボールがグリーンに落ちてピタッと止まる、行き過ぎたボールが戻ってくるなどの現象は、グリーンの柔らかさや、傾きによっても違ってくるが、スピン量によっても違ってくる。
同じスイング軌道でボールを打てば、ロフトのあるクラブの方が、スピン量は多くなり、同じロフトのクラブだと、より鋭角に打ち込んだ方がスピン量は多くなる。これはクラブの進行方向とフェースの向きの差が大きくなるためだ。また、ヘッドスピードが大きい方がスピン量は多くなる。

おすすめの記事