「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

簡単ではないパターとの付き合い方と、パターの上手なプロゴルフ選手

2017 7/12 14:39hiiragi
ゴルフプレーヤー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by antpkr/Shutterstock.com

パターに悩んでいるゴルファーはたくさんいらっしゃると思う。距離のあるパターは仕方ないとして、短い距離のパターは確実に決めたいものだ。ここではパターに対する考え方や、コツと共にパットの上手いプロゴルファーを紹介する。

1.5m上りのパットは外さない

パターに悩んでいるゴルファーの方は、考え方を少し変えてみればいいのかもしれない。パターはもともと難しいもの、入らなくても悩むことはないのだ。
アメリカPGAツアーの1パット成功率を見てみても、1.5m以内で約50%だ。50cm以内は100%に近いとすると、1m以上ではもう少し悪くなる計算だ。そして、1.5m~3mでは、約30%となっている。この数字に下り、上りのパットの難しさを加味すると、1.5m以内の上りのパターはしっかり狙って入れに行く。
それ以上の距離や、下りのパターは2回で入れば成功だと思った方がいいようだ。

山をかけるのもほどほどに

パターの練習は、あまり長い距離は必要ない。前述の1.5mをまっすぐ打てるようになればいいのだ。それより長い距離になると、グリーンの影響を受け易くなる。
グリーンの読みを加味して、狙った方向に打ち出せれば、十分だ。グリーンの傾きや、芝目による影響は、ボールのスピードが遅くなるカップ近くが大きくなる。打ち出し位置の影響は少なく、カップ周りの影響を大きく読む。
2パット狙いの時は、カップより下にボールを止めて、上りのパターを残すようにしてほしい。余り大きく山をかけると下りのパットが残る可能性がある。

おすすめの記事